研究実績(学術論文,学会発表)
こちら(学術情報システム)をご覧ください.
修士論文
2016年度
相原寿哉: Si/Cuマイクロ要素界面端からの剥離き裂発生強度評価(界面端形状の影響評価)
浅野瞭 : 個別粒界試験片を用いた粒界水素脆性の評価
北周三郎: A6061-T6合金をベースとした新アルミニウム合金の高サイクル疲労強度特性(余剰Mg量および温度の影響)
西岡浩成: 析出硬化Al-Cu-Mg合金の静的・疲労強度に及ぼす固溶Mgの影響調査
2015年度
川田祐司: A6061をベースとした新アルミニウム合金の疲労強度特性(温度の影響)
和田拓也: A6061をベースとした新アルミニウム合金のギガサイクル疲労強度特性
2014年度
近藤光 : マイクロ試験による界面の環境強度特性評価に関する研究
中道亮太: A6061-T6合金をベースとした新アルミニウム合金の高サイクル疲労特性
2012年度
上田慶一: クリープに起因する界面端からの時間依存型き裂発生強度則の検討
吉武宏晃: ひずみ時効能を付与した新アルミニウム合金の超高サイクル疲労強度特性
学生 口頭発表

各年度をクリックすると,一覧が開きます.

2016年度

  • 相原寿哉, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: Si/Cuマイクロ要素界面端からの剥離き裂発生強度(界面端形状の影響評価), 日本機械学会関西支部第92期定時総会・講演会(修士研究発表セッション), 2017.3
  • 浅野瞭, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: 個別粒界試験片を用いた粒界水素脆性の評価, 日本機械学会関西支部第92期定時総会・講演会(修士研究発表セッション), 2017.3
  • 北周三郎, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: A6061-T6合金をベースとした新Al合金の高サイクル疲労強度特性(温度の影響), 日本機械学会関西支部第92期定時総会・講演会(修士研究発表セッション), 2017.3
  • 西岡浩成, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: 析出硬化Al-Cu-Mg合金の静的・疲労強度に及ぼす固溶Mgの影響調査, 日本機械学会関西支部第92期定時総会・講演会(修士研究発表セッション), 2017.3
  • 芦田至, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: SiN/Cuマイクロ要素界面端からの剥離き裂発生強度評価, 日本機械学会関西支部第92期定時総会・講演会(メカボケーション学生研究発表セッション),2017.3
  • 栗木亮輔, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: A6061-T6合金をベースとした新Al合金の高サイクル疲労特性(環境の影響), 日本機械学会関西支部第92期定時総会・講演会(メカボケーション学生研究発表セッション),2017.3
  • 柏原政輝, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: A6061-T6合金をベースとした新Al合金の高サイクル疲労特性(環境の影響), 日本機械学会関西学生会平成28年度学生員卒業研究発表講演会, 2017.3
  • 栗原惇, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: A6061-T6合金をベースとした新Al合金の高サイクル疲労強度特性(温度の影響), 日本機械学会関西学生会平成28年度学生員卒業研究発表講演会, 2017.3 ※Best Presentation Awards受賞

2015年度

  • 和田拓也, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: A6061-T6合金をベースとした新Al合金のギガサイクル疲労特性(環境の影響), 日本機械学会関西支部第91期定時総会・講演会(修士研究発表セッション), 2016.3
  • 相原寿哉, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: マイクロ要素界面端からの剥離き裂発生強度(界面端形状の影響評価), 日本機械学会関西支部第91期定時総会・講演会(メカボケーション学生研究発表セッション),2016.3
  • 北周三郎, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: A6061-T6合金をベースとした新アルミニウム合金の静的・疲労強度特性, 日本機械学会関西支部第91期定時総会・講演会(メカボケーション学生研究発表セッション), 2016.3
  • 芦田至, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: SiN/Cuマイクロ要素界面端からの剥離き裂発生強度評価, 日本機械学会関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会, 2016.3
  • 栗木亮輔, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一, 佐藤知広: A6061-T6合金をベースとした新Al合金の高サイクル疲労特性(環境の影響), 日本機械学会関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会, 2016.3 ※Best Presentation Awards受賞

2014年度

  • 近藤光, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一: 環境制御型電子顕微鏡を用いた単一粒界破壊挙動のその場観察試験, 日本機械学会関西支部第90期定時総会・講演会(修士研究発表セッション), 2015.3
  • 浅野瞭, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一: 単一粒界試験片を用いた粒界水素脆性の評価, 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会, 2015.3
  • 西岡浩成, 高橋可昌, 宅間正則, 志鎌隆広, 野口博司: 余剰Mgを添加した6000系新アルミニウム合金の高サイクル疲労特性, 日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会, 2015.3

2013年度

  • 中道亮太, 高橋可昌, 宅間正則,志鎌隆広, 野口博司: A6061-T6合金の超音波疲労下における疲労限度の発現, 日本機械学会関西支部第89期定時総会・講演会, 2014.3
  • 川田祐司, 高橋可昌, 宅間正則,志鎌隆広, 野口博司: 高強度アルミニウム合金のサイクル疲労特性に及ぼす添加元素の影響, 日本機械学会関西学生会平成25年度学生員卒業研究発表講演会, 2014.3
  • 北川優, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一: マイクロ要素界面端からの剥離き裂発生強度評価, 日本機械学会関西学生会平成25年度学生員卒業研究発表講演会, 2014.3
  • 和田拓也, 高橋可昌, 宅間正則,志鎌隆広, 野口博司: 高強度アルミニウム合金のギガサイクル領域における疲労限度機構, 日本機械学会関西学生会平成25年度学生員卒業研究発表講演会, 2014.3

2012年度

  • 吉武宏晃, 高橋可昌, 志鎌隆広, 野口博司, 宅間正則: ひずみ時効能を付与した新アルミニウム合金の超高サイクル疲労強度特性, 日本材料学会第61期通常総会・学術講演会,2012.5
  • 吉武宏晃, 高橋可昌, 志鎌隆広, 野口博司, 宅間正則: ひずみ時効能を付与した新アルミニウム合金の超高サイクル疲労強度特性, 日本材料学会第31回疲労シンポジウム,2012.11
  • 上田慶一, 小田敏弘, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一: クリープ変形による異材界面端からのはく離き裂発生強度特性, 日本機械学会関西支部第88期定時総会・講演会, 2013.3
  • 小田敏弘, 上田慶一, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一: 金属継手界面端からの時間依存型き裂発生強度特性, 日本機械学会関西学生会平成24年度学生員卒業研究発表講演会, 2013.3 ※Best Presentation Awards受賞
  • 近藤光, 高橋可昌, 宅間正則, 齋藤賢一: 集束イオンビームにより作製されたシリコンマイクロ構造体の破壊強度則, 日本機械学会関西学生会平成24年度学生員卒業研究発表講演会, 2013.3