研 究 業 績

last updated : 2020/6/18
学位論文(博士(工学))
原子モデルを用いた結晶粒界の強度と拡散特性の研究』(1996.12,大阪大学)
修士論文
『結晶粒界と格子欠陥の相互作用に関する研究』(1994.2)
卒業研究
『結晶粒界の微視的変形挙動の分子動力学シミュレーション』(1992.2)


著書(分担執筆含む)
  • 齋藤賢一, "原子レベル理論解析による高分子複合化のための特性発掘(副題:分子動力学シミュレーションによる機械的特性評価)", "Discovering Properties of Polymer and Composite Materials by Atomistic and Theoretical Analysis", プラスチックス(日本プラスチック工業連盟機関誌), Japan Plastics(The Japan Plastics Industry Fecreation) 2019年7月号, (2019), pp.32-36. 日本工業出版. サイト
  • 齋藤賢一, "原子レベルでの理論解析による新規機能材料の物性予測技術", MDB技術予測レポート, (2018.1), (株)日本能率協会総合研究所. Ken-ichi Saitoh, "Prediction of Properties of New Functional Materials by Atomistic and Theoretical Simulations", MDB Technology Forecast Resport, (2018, Jan), JMA Research Institute, Inc. サイト
  • 塑性加工学会・編, 新塑性加工技術シリーズ・「引抜き」〜棒線から管までのすべて, (2017), コロナ社. (2章執筆&執筆責任者) 2017/5/26発行. [ISBN-13:978-4-339-04372-3]
  • 齋藤賢一 (分担執筆), "分子動力学法によるセルロースナノファイバーの構造解析", セルロースナノファイバーの調製,分散・複合化と製品応用 (第6章 セルロースナノファイバーの特性評価,複合材料の構造解 析,第7節), pp.412-419 (2015年1月30日 発刊)(全535ページ), (株)技術情報協会. [ISBN-10: 4861045665][ISBN-13: 978-4861045660]
  • 齋藤賢一 (分担執筆), "セルロースナノファイバーの分子構造と強度の解析 〜分子動力学法による計算力学解析〜", セルロースナノファイバーの樹脂への分散技術と応用事例, (第4章 セルロースナノファイバーの構造解析と分散体の評価・解析), (2012.4.27), pp.183-193, (株)技術情報協会. [ISBN: 978-4-86104-429-8]
  • Tomohiro Sato, Ken-ichi Saitoh, Keisuke Kubota and Noboru Shinke, "Characteristic Deformation and Structural Changes of Ni-Ti alloys by Molecular Dynamics; Phase Transformation and Amorphization", in "Shape Memory Alloys: Manufacture, Properties and Applications" (ed. H.R.Chen), (2010), pp.231-246, Nova Science Publishers. [ISBN: 978-1-60741-789-7]
研究論文 (査読あり)
(新しい=上)
  • Kentaro Takada, Ken-ichi Saitoh, Tomohiro Sato, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, "Molecular Dynamics Study on Transmission Mechanism of Torsional Deformation in Cellulose Nanofibers with Hierarchical Structure", Soft Nano Science Letters, Vol.9 (2019), pp.45-57. [https://doi.org/10.4236/snl.2019.94004]
  • K.Saitoh, K.Oda, K.Yoshida, M.Takuma, Y.Takahashi and T.Sato, "Atomistic Simulation of Heavily Plastic Deformation of Pearlitic Steel: Nano-sized Processes of Wiredrawing and Indentation", IOP Conf. Series: Materials Science and Engineering, Vol.461,(2019), 012074, pp.1-6. [https://dx.doi.org/10.1088/1757-899X/461/1/012074]
  • Ken-ichi Saitoh, Kohei Kuramitsu, Tomohiro Sato, Masanori Takuma and Yoshimasa Takahashi, "Molecular Dynamics Study on Deformation Mechanism of Grain Boundaries in Magnesium Crystal: Based on Coincidence Site Lattice Theory", Journal of Materials, Vol.2018, (2018), pp.4153464(Article ID),1-10. [https://doi.org/10.1155/2018/4153464]
  • K.Saitoh, K.Yoshida, K.Oda, T.Sato, M.Takuma and Y.Takahashi, "Molecular dynamics study on nano-sized wiredrawing: possible atomistic process and application to pearlitic steel wire", IOP Conf. Series: Materials Science and Engineering, Vol.307,(2018),012039,pp.1-6. [https://dx.doi.org/10.1088/1757-899X/307/1/012039]
  • Takuya Hanashiro, Ken-ichi Saitoh, Tomohiro Sato, Kenji Nishimura, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, "Molecular Dynamics Study on Ductile Behavior of SiC during Nanoindentation", Tribology Online, Vol.11, No.2, (2016-4), pp.183-188. [https://dx.doi.org/10.2474/trol.11.183]
  • Ken-ichi Saitoh, Tomohiro Sato, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi and Ryuketsu Chin, "Molecular dynamics study on lubrication mechanism in crystalline structure between copper and sulfur" Journal of Materials, Vol.2015, (2015), pp.963257,1-13. [https://dx.doi.org/10.1155/2015/963257]
  • Ken-ichi Saitoh, Youhei Sameshima, Syuhei Daira, "Nano-scale modelling and simulation of metal wiredrawing by using molecular dynamics method", World Journal of Nano Science and Engineering, (2014), Vol.4, pp.70-83. [https://dx.doi.org/10.4236/wjnse.2014.42010]
  • K.Saitoh, Y.Sameshima, M.Takuma, Y.Takahashi, "Atomistic Simulation of Crystal Change and Carbon Diffusion during Drawing of Pearlitic Steel Nano-sized Wire", Techniche Mechanik, Vol.34, No.3-4, (2014), pp.222-232. [http://www.uni-magdeburg.de/ifme/zeitschrift_tm/2014_Heft3_4/08_Saitoh.pdf] [TOC], [論文サイト]
  • Ken-ichi Saitoh, Haruhiko Ohno and Syunichiro Matsuo, Structure and Mechanical Behavior of Cellulose Nanofiber and Micro-Fibrils by Molecular Dynamics Simulation", Soft Nanoscience Letters, Vol.3, (2013), pp.58-67. [https://dx.doi.org/10.4236/snl.2013.33011]
  • Tomohiro Sato, Yoshimasa Hirai, Takeshisa Fukui, Takahiro Ejima, Masanori Takuma, Ken-ichi Saitoh, "Atomic-modeling and Simulation of Copper Sulfide as Micro Solid Lubricant", MRS proceedings, Vol.1513, (2013), (2012 MRS Fall Meeting, 2012). [https://dx.doi.org/10.1557/opl.2013.563]
  • Tatsuya Yamaguchi and Ken-ichi Saitoh, "Molecular Dynamics Study on Mechanical Properties in the Structure of Self-Assembled Quantum Dot", World Journal of Nano Science and Engineering, Vol.2, No.4 (2012), pp.189-195. [https://dx.doi.org/10.4236/wjnse.2012.24025]
  • 齋藤賢一・壇孟, "ナノ構造シミュレーションにおける原子配置変化を用いる微視的なひずみの解析" 材料, Vol.61, No.2, (2012-2), p.162-168. [https://dx.doi.org/10.2472/jsms.61.162] [JST.JSTAGE/jsms/61.162]
  • Takeshi Dan and Ken-ichi Saitoh, "Microstructure Evolution in Polycrystalline Metal under Severe Plastic Deformation by Strain-Controlled Molecular Dynamics", Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering (JSMME), Vol.6, No.1, (2012-1), pp.48-60. [https://dx.doi.org/10.1299/jmmp.6.48] [JST.JSTAGE/jmmp/6.48]
  • 松木孝信・齋藤賢一, "ミクロ情報を基礎とするMulti-phase-field法を用いたNi-Ti形状記憶合金の相変態に関する研究", 日本機械学会論文集,A編, Vol.77, No.780, (2011), pp.1320-1330. [https://dx.doi.org/10.1299/kikaia.77.1320] [JST.JSTAGE/kikaia/77.1320]
  • 米川嘉明・齋藤賢一, "金クラスターの変形機構と力学特性に関する分子動力学シミュレーション", 材料, Vol.59, No.8, (2010), pp.624-630. [https://dx.doi.org/10.2472/jsms.59.624] [JST.JSTAGE/jsms/59.624]
  • Ken-ichi Saitoh and Keisuke Kubota, "Atomistic Simulation on the Relation between Amorphization and Crystalline Transformation in Ni-Ti Alloy", Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, Vol.4, No.7, (2010), pp.1061-1070. [https://dx.doi.org/10.1299/jmmp.4.1061] [JST.JSTAGE/jmmp/4.1061]
  • Ken-ichi Saitoh, Keisuke Kubota and Tomohiro Sato, "Atomic-level Structural Change in Ni-Ti Alloys under Martensite and Amorphous Transformations", Technische Mechanik, Vol.30, No.1-3, (2010), pp.269-279. [http://www.uni-magdeburg.de/ifme/zeitschrift_tm/2010_Heft1_3/23_Saitoh.pdf] [TOC], [論文サイト]
  • Ken-ichi Saitoh and Yoshiaki Yonekawa, "Molecular Dynamics Study of Extraordinary Elastic Deformation Found in Gold Atomic Cluster", Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol.4, No.1, (2010), pp.405-415. [https://dx.doi.org/10.1299/jamdsm.4.405] [JST.JSTAGE/jamdsm/4.405]
  • Ken-ichi Saitoh and Wing Kam Liu, "Molecular dynamics study of surface effect on martensitic cubic-to-tetragonal transformation in Ni-Al alloy", Computational Materials Science, Vol.46, (2009), pp.531-544. [https://dx.doi.org/10.1016/j.commatsci.2009.04.025]
  • Ken-ichi Saitoh and Yuuki Ohnishi, "SPH analysis of ECAP process by using grain refinement model", Materials Transactions, Vol.50, No.1, (2009), pp.19-26. [https://dx.doi.org/10.2320/matertrans.MD200814] [https://www.jim.or.jp/journal/e/pdf3/50/01/19.pdf]
  • Tomohiro Sato, Ken-ichi Saitoh, and Noboru Shinke, "Atomistic modelling of Ni-Ti alloy on reversible phase transformations: A molecular dynamics study", Materials Science and Engineering,A, Vol.481-482, (2008), pp.250-253. [https://dx.doi.org:10.1088/0965-0393/14/5/S05]
  • 齋藤賢一・新家昇・長瀬修一・佐藤知広, "分子動力学法による原子クラスター構造体の形態と機械的特性の評価", 材料, Vol.55, No.8 (2006), pp.746-753. [https://dx.doi.org/10.2472/jsms.55.746] [JST.JSTAGE/jsms/55.746]
  • Tomohiro Sato, Ken-ichi Saitoh, and Noboru Shinke, "Molecular dynamics study on microscopic mechanism for phase transformation of Ni-Ti alloy", Modelling and Simulation in Materials Science and Engineering, Vol.14, No.5 (2006), pp.S39-S46. [https://dx.doi.org/10.1088/0965-0393/14/5/S05]
  • Ken-ichi Saitoh, Tomohiro Sato, and Noboru Shinke, "Atomic dynamics and energetics of martensitic transformation in nickel-titanium shape memory alloy", Materials Transactions, Vol.47, No.3, (2006), pp.742-749. [https://dx.doi.org/10.2320/matertrans.47.742 ]
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "Ni-Ti合金の応力誘起変態における微視的機構に関する分子動力学解析", 日本機械学会論文集, A編, 72巻, 714号, (2006), pp.232-238. [https://doi.org/10.1299/kikaia.72.232 ]
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法を用いたNi-Ti合金に対する相変態の観察と構造解析", 材料, 54巻, 2号, (2005), pp.193-200. [https://doi.org/10.2472/jsms.54.193]
  • Tomohiro Sato, Ken-ichi Saitoh, Takuya Uehara and Noboru Shinke, "Molecular dynamics study on nano structure and shape-memory property of Ni-Ti alloy", Trans.Mat.Res.Soc.J, Vol.29, No.8, (2004), pp.3615-3618. [https://ci.nii.ac.jp/naid/10018006907]
  • Ken-ichi Saitoh, Hisashi Namba, Takehiko Inaba and Noboru Shinke, "Molecular dynamics study of nano-size silica melting by high heat flux", Computational Materials Science, Vol.32, No.1, (2005), pp.66-84. [http://dx.doi.org/10.1016/j.commatsci.2004.06.003]
  • Ken-ichi Saitoh, "Molecular dynamics study on interface generated between atomic clusters", J.Mech.Eng.Sci.:Proc.Instn Mech.Engrs, Part C, Vol.218, (2004), pp.607-614. [https://doi.org/10.4028/www.scientific.net/KEM.233-236.591]
  • Ken-ichi Saitoh, Syuichi Nagase, Hiroshi Kitagawa and Noboru Shinke, "Molecular dynamics study on morphology and strength of copper atomic-cluster-assembled structure", Solid Mechanics and Its Applications, Vol.115, IUTAM symposium on Mesoscopic Dynamics in Fracture Process and Materials Strength (Kluwer Academic Publishers), (2004), pp.343-353. [https://link.springer.com/chapter/10.1007%2F978-1-4020-2111-4_33]
  • 齋藤賢一・新家昇, "原子クラスター構造体の力学特性の計算機援用評価 第1報,原子クラスター界面に生じる欠陥構造", 日本機械学会論文集, A編, (2004), 70巻, 690号, (2004), pp.183-190. [https://doi.org/10.1299/kikaia.70.183]
  • 齋藤賢一・駒谷政男・稲葉武彦, "金属原子クラスター合体過程の多重解像度分子動力学法による研究", 日本機械学会論文集, A編, 68巻, 666号, (2002), pp.210-216. [https://doi.org/10.1299/kikaia.68.210]
  • Ken-ichi Saitoh and Takehiko Inaba, "Nonequilibrium molecular dynamics study of heat transfer on metal surface by flowing liquids", 未投稿.
  • 齋藤賢一, "微小金属原子クラスター合体過程の分子動力学解析", 材料, 49巻,3号, (2000), pp.263-268. [https://doi.org/10.2472/jsms.49.263]
  • Ken-ichi Saitoh and Hiroshi Kitagawa, "Molecular dynamics study of surface effects on atomic migration near aluminum grain boundary", Computational Materials Science, Vol.14, No.1-4, (1999), pp.13-18. [https://doi.org/10.1016/S0927-0256(98)00066-4]
  • Ken-ichi Saitoh and Hiroshi Kitagawa, "Atomic migration and dynamic rearrangement near Al grain boundary", Advances in Materials Research, Vol.1 (1998),pp.132-142. [https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-662-35369-1_11]
  • Hiroshi Kitagawa, Akihiro Nakatani, Shigenobu Ogata, Ken-ichi Saitoh, and Yukihiro Maegawa, "Atomic diffusion near Al grain boundary (Molecular dynamics analysis based on effective-medium theory)", JSME International Jounral, Ser.A, Vol.40, No.3, (1997), pp.203-210. [https://dx.doi.org/10.1299/jsmea.40.203]
  • 齋藤賢一・北川浩・中谷彰宏・尾方成信, "分子動力学法による対応粒界の強度評価", 材料, 46巻, 3号, (1997), pp.238-243. [https://doi.org/10.2472/jsms.46.238]
  • Hiroshi Kitagawa, Ken-ichi Saitoh and Shigenobu Ogata, "Molecular dynamics study on stress-induced migration near aluminum grain boundary", Modelling and Simulation for Materials Design (ed. by S.Nishijima and H.Onodera), (1996), pp.184-190. [https://ci.nii.ac.jp/ncid/BB01865676]
  • 北川浩・中谷彰宏・尾方成信・齋藤賢一・前川幸弘, "Al粒界近傍の原子拡散特性(有効媒質理論に基づく分子動力学解析)", 日本機械学会論文集, A編, 62巻,602号, (1996), pp.2358-2363. [https://doi.org/10.1299/kikaia.62.2358]
  • 北川浩・中谷彰宏・尾方成信・齋藤賢一・前川幸弘, "Al粒界近傍のストレスマイグレーションの分子動力学解析", 日本機械学会論文集, A編, 62巻,595号, (1996), pp.853-858. [https://doi.org/10.1299/kikaia.62.853]

EDITORIAL
国際会議 発表論文
  • Ken-ichi Saitoh, Koki Yoshida, "The view of 100-million molecular dynamics for understanding extra fine wiredrawing process of iron single crystal, 42nd Solid Mechanics Conference(Solmech2020)", Abstract ID:0028.(2020/9/7-10, Wroclaw, Poland(conference was cancelled)). to be presented(by paper or at postponed conference)
  • Ken-ichi Saitoh, Ryosuke Suzuki, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi and Tomohiro Sato, "Atomistic Simulation for Mechanical Property of Collagen Nanostructures: The Effect of Molecular Crosslink and Triple Helix on Mechanical Properties", Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM) 2019, (2019), O478, (2019/12/17-21(presented at 12/17), Taipei, Taiwan).
  • Tomohiro Sato, Atsuto Kubota, Ken-ichi Saitoh, Masayoshi Fuji, Chika Takai, Hadi Razavi-Khosroshahi, Masanori Takuma and Yoshimasa Takahashi, "Molecular Dynamics Modelling of Non-firing Solids on SiO2 Interfaces", Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM) 2019, (2019), O594, (2019/12/17-21(presented at 12/18), Taipei, Taiwan).
  • Koki Yoshida, Ken-ichi Saitoh, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi and Tomohiro Sato, "Molecular dynamics study on dislocation behaviour of α-Fe single crystal in wiredrawing process", 13th International Conference on the Mechanical Behaviour of Materials (ICM13), (2019), abstract. (2019/6/10-14, Melbourne, Australia) [Best Student Paper Award (The First Prize)2019/6/12]
  • Kosuke Oda, Ken-ichi Saitoh, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi and Tomohiro Sato, "Atomistic study on plastic deformation of pearlite: wiredrawing and nano-indentation models by MD", 13th International Conference on the Mechanical Behaviour of Materials (ICM13), (2019), abstract. (2019/6/10-14, Melbourne, Australia)
  • K.Saitoh, T.Sato, M.Takuma, Y.Takahashi, "Elastic-Plastic and Fracture Behaviour of Glass Materials in Indentation Process: Peridynamics Simulation Study based on Molecular Dynamics", 13th International Conference on the Mechanical Behaviour of Materials (ICM13), (2019), abstract. (2019/6/10-14, Melbourne, Australia)
  • K.Saitoh, K.Oda, K.Yoshida, M.Takuma, Y.Takahashi, T.Sato, "Atomistic Simulation of Heavily Plastic Deformation of Pearlitic Steel: Nano-sized Processes of Wiredrawing and Indentation", 5th International Conference on Recent Trends in Structural Materials (COMAT2018), abstract, pp.59. (2018/11/14-16, Pilsen, Czech Rep.) [Winner of Best Poster Contest of conference COMAT 2018 (The Best Poster)2018/11/14]
  • Tomohiro Sato, Ken-ichi Saitoh, Masayoshi Fuji, Chika Yamashita Takai, Hadi Razavi, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, "Modelling and analysis of SiO2 interfaces of non-firing solids", The 9th International Conference on Multiscale Materials Modeling (MMM2018), abstract, pp.P2-82. (2018/10/28-11/2, Osaka, Japan.)
  • Kenji Nishimura, Koji Miyake, Ken-ichi Saitoh, "Atomistic insights into defect formation mechanism in single crystal SiC based on molecular dynamics simulation", The 9th International Conference on Multiscale Materials Modeling (MMM2018), abstract, pp.P2-79. (2018/10/28-11/2, Osaka, Japan.)
  • Ken-ichi Saitoh, Haruka Koga, Tomohiro Sato, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, "Molecular dynamics analysis of hydrogen diffusion behavior in alpha-Fe bi-crystal under stress gradient", The 9th International Conference on Multiscale Materials Modeling (MMM2018), abstract, pp.P1-27. (2018/10/28-11/2, Osaka, Japan.)
  • Kentaro Takada, Ken-ichi Saitoh, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, Tomohiro Sato, "Molecular dynamics study on transmission mechanism of torsional deformation in cellulose nanofibers with hierarchical structure", The 9th International Conference on Multiscale Materials Modeling (MMM2018), abstract, pp.P2-63. (2018/10/28-11/2, Osaka, Japan.)
  • Yoshihiro Takai, Ken-ichi Saitoh, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, Tomohiro Sato, "Molecular dynamics screening for developing compounds of electrolytes with high performance in lithium ion batteries", The 9th International Conference on Multiscale Materials Modeling (MMM2018), (Osaka, Japan, Oct 28-Nov.2) (2018/10/28-11/2, Osaka, Japan.)
  • Ken-ichi Saitoh, Koki Yoshida, Kosuke Oda, Tomohiro Sato, Masanori Takuma and Yoshimasa Takahashi, "Plastic deformation behavior in nano-sized metallic wires subjected to drawing process: molecular dynamics simulation", The 13th world Congress of Computational Mechanics/2nd Pan American Congress on Computational Mechanics (WCCM 2018). abstract, pp.89. (2018/7/22-27, NewYork, U.S.A. presented at 7/24)
  • K.Saitoh, K.Yoshida, K.Oda, T.Sato, M.Takuma, Y.Takahashi, "Molecular dynamics study on nano-sized wiredrawing: possible atomistic process and application to pearlitic steel wire", 2017 International Conference on Mechanical Engineering and Applied Composite Materials (MEACM2017), abstract #5-Paper(ID:18), pp.22. (presented at 2017/11/24) (2017/11/23-24, HongKong, China.)
  • Tomohiro SATO, Ken-ichi SAITOH, Masayoshi FUJI, Chika Y.TAKAI, Hadi RAZAVI, Masanori TAKUMA, Yoshimasa TAKAHASHI, "Molecular Dynamics Study on Silica Surface as Non-fire Solids", Sustainable Tribology Conference 2017 Amami (STCA2017) / Japan-Taiwan Tribology Symposium 2017 (JTTS2017), (#STCA10), pp.33. (presented at 2017/10/14) (2017/10/13-16, Amami, Kagoshima, Japan)
  • Ken-ichi SAITOH, Tomohiro SATO, Masanori TAKUMA, Yoshimasa TAKAHASHI, Koki YOSHIDA, Kazuki YOKOHAMA, "Molecular Dynamics Study on Drawing Process of Metallic Wire: Effect of Nano-sized Texture on Friction and Plasticity", Sustainable Tribology Conference 2017 Amami (STCA2017) / Japan-Taiwan Tribology Symposium 2017 (JTTS2017), (#STCA11), pp.33. (presented at 2017/10/14) (2017/10/13-16, Amami, Kagoshima, Japan)
  • Naomichi OHTA, Ken-ichi SAITOH Kenji NISHIMURA, Tomohiro SATO, Masanori TAKUMA, Yoshimasa TAKAHASHI, "Peridynamics Study on Elastic-Plastic Deformation Behavior of SiC during Indentation", Sustainable Tribology Conference 2017 Amami (STCA2017) / Japan-Taiwan Tribology Symposium 2017 (JTTS2017), (#STCA25), pp.40. (presented at 2017/10/14) (2017/10/13-16, Amami, Kagoshima, Japan) [JTTS/STCA BPA受賞]
  • K.Saitoh, K.Nishimura, T.Sato, N.Ota, Y.Yamamoto, M.Takuma and Y.Takahashi, "Multiscale Deformation Behavior of SiC Crystal in Indentation Test: Toward Scalable Simulation by Combining MD and Peridynamics", The 4th International Symposium on Molecular Simulations (ISMS2016), (2016) abstract pp.361-362, (presented at 2016/10/24) (2016/10/23-26, Shanghai, China.)
  • Ken-ichi Saitoh, Kenji Nishimura, Tomohiro Sato, Takuya Hanashiro, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, "Temperature-dependent atomistic plasticity in silicon carbide crystal: molecular dynamics model of nanoindentation", 8th Internationa Confernce on Multiscale Materials Modeling (MMM2016), (2016), abstract pp.220(#P2.47), (presented at 2016/10/11, (2016/10/9-14, Dijon,France).
  • Kohei Kuramitsu, Ken-ichi Saitoh, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, Tomohiro Sato, "Molecular Dynamics Study on Plastic Deformation Behavior of Mg Polycrystal", The 10th International Conference On Fracture & Strength of Solids (FEOFS2016), (2016), abstract(PDF) pp.MSI-10. (2016/8/28/-9/1, Tokyo (The SUT, Katsushika))
  • Ken-ichi Saitoh, Tomohiro Sato, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, Tetsuya Imanishi, "Molecular Dynamics Study of Collagen Fibrils: Relation between Mechanical Properties and Molecular Chirality", The 10th International Conference On Fracture & Strength of Solids (FEOFS2016), (2016), abstract(PDF) pp.PS-5. (2016/8/28/-9/1, Tokyo (The SUT, Katsushika))
  • Takuya Hanashiro, Ken-ichi Saitoh, Kenji Nishimura, Masanori Takuma and Yoshimasa Takahashi, "Molecular Dynamics Study on Ductile Behavior of SiC during Nanoindentation", International Tribology Conference, Tokyo 2015 (ITC2015), Extended Abstract page.888-889. (16PA-22). (presented by T.Hanashiro). (2015/9/16, Tokyo, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh, Tomohiro Sato, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi and Kengo Otsu, "Molecular Dynamics Simulation of Cu2S Crystal in Sliding: Atomistic Friction Behavior and Temperature Dependence", International Tribology Conference, Tokyo 2015 (ITC2015), Extended Abstract page.1040-1041. (17P-24) (2015/9/17, Tokyo, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh, Takuya Shirahana, Takayaki Suzuki, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, and Tomohiro Sato, "Mechanical modeling and simulation of collagen fibers and fibrils: microscopic deformation mechanism caused by spiral structure", 6th International Conference on Computational Methods (ICCM2015), Abstract(page.1) (2015/7/17, Auckland, Newzeeland).
  • Ken-ichi Saitoh, Tomohiro Sato, Yoshimasa Hirai, Masanori Takuma, Kengo Otsu, "Atomistic Modeling and Simulation of Mechanical and Sliding Properties of Cu-S and Cu-Fe-S Crystal Systems", The 7th International Conference on Multiscale Materials Modeling (MMM 2014), abstracts,F3(Friction, Lubrication and Wear Across the Scale III), PDF. (2014/10/6-10, Berkeley, CA, U.S.A.).
  • Yohei Sameshima, Ken-ichi Saitoh, Masanori Takuma and Yoshimasa Takahashi, "Molecular Dynamics Study on Carbon Diffusion Mechanism of Pearlitic Steel in Wiredrawing", The 3rd International Conference of Molecular Simulation 2013 (ICMS2013), (2013), pp.168 (2P57) (2013/11/18-20, Kobe). (presented by Mr.Sameshima).
  • Ken-ichi Saitoh, Yohei Sameshima, Takuya Okada and Hiroaki Itoh, "Atomistic Simulation of Crystal Change and Carbon Diffusion in Nano-sized Wiredrawing of Pearlitic Steel", 3rd International Conference on Materials Modeling (ICMM3), (2013), AbstractBook pp.257 (Abst #115, Atomistic and ab-initio modelling). (2013/9/11, Warsaw, Poland).
  • Tomohiro Sato, Yoshimasa Hirai, Takeshisa Fukui, Takahiro Ejima, Masanori Takuma, Ken-ichi Saitoh, "Atomic-modeling and Simulation of Copper Sulfide as Micro Solid Lubricant", 2012 MRS Fall Meeting, Abstract ID:GG10.09, (2012). (2012/11/29, Boston, U.S.A.). (presented by Dr.Sato).
  • M.Takuma, S.Takadono, K. Saitoh, Y.Takahashi and T. Sasaki, "Study on Evaluation of Interlaminar Shear Strength for Deteriorated CFRP Laminate Plate by Environmental Factor with AE Method", The 21st International Acoustic Emission Symposium(IAES21-OKINAWA), (The Japanese Society for Non-Destructive Inspection, JSNDI). (2012/11/30, Okinawa, Japan). (presented by Prof.Takuma).
  • Ken-ichi Saitoh, Naoya Hanashiro, Syouhei Koizumi, Satoru Ogita, "Macroscopic particle modeling of elastic and plastic deformation in metals: a multiscale approach based on interatomic potential and crystal structure" The 10th world Congress of Computational Mechanics (WCCM2012), proceedings (abstract book pp.83, abst.#18300), (MiniSymposium Organizer; MS-077 Multiscale Materials Science and Modeling). (2012/7/10, Sao Paulo, Brazil).
  • Ken-ichi Saitoh, Shuhei Daira, Youhei Sameshima, "Nano-scale Modelling and Simulation of Metal Wiredrawing by Using Molecular Dynamics Method", MAPT2012(International Conference on Materials Processing and Technology 2012), Proceedings, pp.211-216. (2012/6/29, Honolulu, Hawaii, U.S.A.).
  • Ken-ichi Saitoh, Takeshi Dan and Tatsuya Yamaguchi, "Strain Analysis and Visualization in Molecular Dynamics Simulation of Nanosized Structure and Material", The 2011 World Congress on Advanced in Structural Engineering and Mechanics (ASEM'11 plus), The 2011 International Conference on Advances in Interaction and Multiscale Mechanics (AIMM11), abstract, pp.293, (T5A1). (2011/9/20, Seoul, South Korea).
  • Ken-ichi Saitoh and Takeshi Dan, "Atomistic Strain and Behavior of Heavily Deformed Grain Boundaries by Molecular Dynamics Simulation", The 2nd International Conference on Material Modelling (ICMM2), (2011), Proceedings, pp.119. (T05-Nano-to macromechanics (paper No.63)) (2011/9/2, Paris, France).
  • Takeshi Dan and Ken-ichi Saitoh, "Microstructural Evolution in Polycrystalline Metal under Severe Plastic Deformation by Strain-Controlled Molecular Dynamics", International Conference on Atomistic Modeling for Mechanics and Multiphysics of Materials (ISAM4), (2011), Extended Abstract, (No.I-2), PDF(USB). (2011/7/22, Komaba,Tokyo, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh, Takeshi Okada and Noboru Shinke, "Hybrid Simulation between Microscopic and Macroscopic Particle Methods: Application to Deformation and Fracture of Solid Material", The fifth international conference on Multiscale Materials Modeling, (2010), Abstracts, pp.528. (2010/10/4, Freiburg, Germany).
  • Ken-ichi Saitoh, Keigo Sato and Takahisa Sasaki, "Molecular dynamics with strain tensor control for microstructure change in plastic deformation", The Fourth General Meeting of ACCMS-VO (Asian Consortium on Computational Materials Science-Virtual Organization), (2010), Abstracts, pp.(Oral-)3. (2010/1/12-14, Sendai-Matsushima, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh1 and Keisuke Kubota, "Atomistic Simulation on the Relation between Amorphization and Crystalline Transformation in Ni-Ti Alloys", Asian Pacific Conference for Materials and Mechanics 2009, abstract, (2009), pp.a144. (November 13-16, Yokohama, Japan)
  • Ken-ichi Saitoh, Keisuke Kubota and Tomohiro Sato, "Atomic-level structural change in Ni-Ti alloys under Martensite and Amorphous Transformations", The 1st International Conference on Material Modelling (ICMM1), abstract, (2009), pp.74. (2009/9/15, Dortmund, Germany)
  • Ken-ichi Saitoh and Yoshiaki Yonekawa, "Molecular dynamics study of extraordinary elastic deformation found in gold atomic cluster", Proceedings of the 2009 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint Conference on Micromechatoronics for Information and Precision Equipment (MIPE2009), (2009), pp.263-264. (2009/6/20, Tsukuba, Japan),
  • Ken-ichi Saitoh, Keisuke Kubota and Tomohiro Sato, "Molecular dynamics study on structural transformation in Ni-based alloys: potential functions, martensite and amorphous transformations", The Third General Meeting of ACCMS-VO (Asian Consortium on Computational Materials Science-Virtual Organization), (2009), pp.(Oral-)12. (2009/2/18, Sendai-Matsushima, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh and Yuuki Ohnishi, "SPH analysis of ECAP process by using grain refinement model", International Symposium on Giant Straining Process for Advanced Materials (GSAM-2008), proceedings, (2008), pp.49. (2008/11/21-24, Fukuoka, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh, "Atomistic modeling and simulation of martensitic transformation in Ni-based SMA alloys", Seminar, Division of Engineering, Brown University, Providence. (2008/01/28/2008, Providence, U.S.A.).
  • Ken-ichi Saitoh and Wing Kam Liu, "Atomistic dynamics of martensitic transformation in Ni-Al and Ni-Ti systems: Comparison with low-dimensional simple model", Conference on Computational Physics 2007 (CCP2007), (2007), pp.268. (2007/09/06, ULB, Brussels, Belgium).
  • Ken-ichi Saitoh and Wing Kam Liu, "Nanodynamics of martensitic transformation in SMA alloys: Atomistic simulation toward multiscale analysis", CESD Seminar Daresbury Laboratory, (2007). (2007/09/03, Warrington, U.K.).
  • Ken-ichi Saitoh, Wing Kam Liu and Tomohiro Sato (Kurimoto Co.Ltd.), "Multiscale computational modeling of martensitic transformation in Ni-based shape-memory alloys", CCP5 (Collaborative Computational Project 5) Annual Conference, (2007). (2007/08/30, Cambridge, U.K.).
  • Ken-ichi Saitoh and Wing Kam Liu, "Atomistic modeling of martensitic transformation in Ni-based alloys: Linking to multiscale modeling", United States National Congress on Computational Mechanics 9 (USNCCM9), abstract, (2007), pp.115. (2007/07/25, SanFrancisco, U.S.A.).
  • Ken-ichi Saitoh, "A coarse grain molecular dynamics model of materials interface using SPH and DPD methods", The 3rd International Conference on Multiscale Materials Modeling (MMM2006), proceedings, (2006), pp.518-521, (2006/9/18-22, Freiburg, Germany). Tomohiro Sato, Ken-ichi Saitoh, and Noboru Shinke, "Atomistic modelling of Ni-Ti alloy on reversible phase transformations: A molecular dynamics study", European Symposium on Martensitic Transformations(ESOMAT2006), Abstracts, (2006), pp.149(MP44), (2006/9/10-15, Bochum, Germany). (presented by T.Sato)
  • Hiroshi Takeshita, Ken-ichi Saitoh, Noboru Shinke, and Masanori Takuma, "Molecular dynamics study on acoustic emission in carbon nanotube probe and metal surface system", The 18th International Acoustic Emission Symposium (IAES18), Progress in Acoustic Emission XIII (The Japanese Society for NDI), (2006), pp.75-82. (2006/7/25-27, Sagamihara, Japan). (presented by H.Takeshita)
  • Ken-ichi Saitoh, Noboru Shinke, and Takayuki Kawaguchi, "Molecular dynamics study on diffusion and strengthening mechanisms in polymer nanocomposites", International Symposium on Molecular Simulations (ISMS-2006), abstract, (2006), pp.18. (2006/3/24-25, Kanazawa, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh, "Flexible boundary condition using SPH method for molecular dynamics simulation of materials interface", Micromechanics and Microstructure Evolutions: Modeling Simulation and Experiments, abstracts, (2005), Session 12-A (2005/9/11-16, Madrid, Spain).
  • Ken-ichi Saitoh, Hayato Fukumoto, Masato Tanaka, and Noboru Shinke, "Computational study on fracture mechanism of metal-ceramics interfaces using atomistic simulation and macroscopic particle method", International Anniversary Symposium on Molecular Dynamics Simulations, abstracts, (2005). (2005/8/29-30, Osaka, Japan).
  • Tomohiro Sato, Ken-ichi Saitoh, and Noboru Shinke, "Molecular dynamics study on microscopic mechanism for phase transformation of Ni-Ti alloy", International Anniversary Symposium on Molecular Dynamics Simulations, abstracts, (2005). (2005/8/29-30, Osaka, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh and Noboru Shinke, "Atomistic fracture mechanism of nano-scale materials interface: Approach of molecular dynamics combined with smoothed particle hydrodynamics", Computational Science Workshop 2005 (CSW2005), -Algorithm and software developments in nano-scale simulations-,(RICS,AIST), (2005), pp.54. (2005/3/22-23, Tsukuba, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh, Yuki Tateoka and Noboru Shinke, "Dynamics simulation of material interface using molecular dynamics and SPH methods", Proceedings of Second International Conference on Multiscale Materials Modeling, (2004), pp.132-134. (2004/10/11-15, LosAngeles, U.S.A.),
  • Ken-ichi Saitoh, Noboru Shinke, and Yuki Tateoka, "Combination of molecular dynamics and SPH methods in simulation of Bi-material interface", CCP5(Cooperative Computational Project 5) 2004 Conference (Annual Meeting in 2004) "New Perspective in Modelling and Simulation: Theory and Application" (abstracts), (2004), pp.32. (2004/9/1-4, Sheffield, U.K.),
  • Ken-ichi Saitoh and Noboru Shinke, "Atomistic strength of atomic-cluster-assembled structure", ICMS-CSW2004 (International Conference on Molecular Simulation and Computational Science Workshop), Proceedings, (2004), pp.170-171. (2004/1/13-15, Tsukuba, Japan),
  • Tomohiro Sato, Ken-ichi Saitoh, Takuya Uehara and Noboru Shinke, "Molecular dynamics study on nano structure and shape-memory property of Ni-Ti alloy", IUMRS-ICAM 2003 Symposium D-9, abstracts(2), (2003), pp.262 (D9-10-O10). (2003/10/10-11, Yokohama, Japan),
  • Ken-ichi Saitoh, "Strength of nano-size material generated from copper clusters: Application of interactive molecular dynamics simulation", CCP5(Cooperative Computational Project 5) 2003 Conference (Annual Meeting in 2003), abstract, (2003), pp.35. (2003/9/8-11, Cardiff, U.K.).
  • Ken-ichi Saitoh, Noboru Shinke and Syuichi Nagase, "Compatibility among Morphology, Functionality, and strength of copper atomic-cluter-assembled materials: A molecular dynamics study", International Conferences on Computational Mesomechanics (Mesomechanics2003), Proceedings of MESOMECHANICS, (2003), pp.64-71. (2003/8/26-28, Tokyo, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh, Syuichi Nagase, Hiroshi Kitagawa and Noboru Shinke, "Molecular dynamics study on morphology and strength of copper atomic-cluster-assembled structure", IUTAM-Symposium on "Mesoscopic Dynamics in Fracture Process and Strength of Materials", Book of Abstracts, (2003), pp.34. (2003/7/6-11, Osaka, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh, "Molecular dynamics study on interface generated between atomic clusters", The Sixth Asia-Pacific Symposium on Engineering Plasticity and Its Applications (AEPA2002) "Key Engineering Materials (Trans Tech Publications)", Vols.233-236, (2003), pp.591-596. (2002/12/2-6, Sydney,Australia).
  • Ken-ichi Saitoh, "Nano-level computer experiment by interactive molecular dynamics", The Proceedings of the Japan Korea Computer Graphics Conference 2002, CDROM, (2002). (2002/8/24, Kanazawa, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh and Takehiko Inaba, "Nonequilibrium molecular dynamics study of heat transfer on metal surface by flowing liquids", Proceedings of the IASTED international conference, Applied Simulation and Modelling(ASM2000)(Editor: M.H.Hamza), (2000), pp.298-303. (2000/07/24-26, Banff, Alberta, Canada)
  • Ken-ichi Saitoh, "Molecular dynamics analysis of metal nano-cluster in coalescence process", Workshop on Strength of Materials over Length Scale, abstract, (1999). (1999/07/29, Tokyo Institute of Technology, Tokyo, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh, "Atomic-scale mechanism of grain boundary grooving : Dynamic loading and rearrangement", Workshop on "Simulation of Microstructure and Strength of Materials abstract, (1998). (1998/07/20-21,Max-Planck-Institut fuer Metallforschung, Stuttgart, Germany).
  • Ken-ichi Saitoh and Hiroshi Kitagawa, "Molecular dynamics study of surface effects on atomic migration near aluminum grain boundary", The 4th IUMRS International Conference in Asia, Abstract, (1997), pp.543, (1997/9, OVTA, Makuhari, Chiba, Japan).
  • Hiroshi Kitagawa, Akihiro Nakatani, Shigenobu Ogata, Ken-ichi Saitoh, "Excess energy and diffusion mechanism in coincidence grain boundaries", Proceedings of the third Asia-Pacific Symposium on Advances in Engineering Plasticity and its applications(AEPA'96) (ed. by T.Abe and T.Tsuta, Pergamon), (1996), pp.535-540. (1996/08/21-24,Hiroshima University, Hiroshima, Japan).
  • Ken-ichi Saitoh, Hiroshi Kitagawa, Yoji Shibutani, and Akihiro Nakatani, "Dynamic rearrangement in atomic structure induced by interaction between grain boundary and vacancy", Dynamic Plasticity and Structural Behaviors, Proceedings of the fifth international symposium on plasticity and its current applications (Plasticity'95) (ed. by S.Tanimura and A.S.Khan, Gordon and Breach Publishers), (1995), pp.309-312. (1995/7/17-21,Sakai, Osaka, Japan).

研究論文(一部を担当したもの,連名のもの)
  • Shuhei Ishikawa, Tomohiro Sato, Ken-ichi Saitoh, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, "Fundamental study on functionality of synthetic sulfides: Evaluation of metal sulfides as solid lubricant", Jurnal Tribologi,Vol.20, (2019), pp.26-38. [http://jurnaltribologi.mytribos.org/v20/JT-20-26-38.pdf]
  • Yoshimasa TAKAHASHI, Hikaru KONDO, Kazuya AIHARA, Masanori TAKUMA, Kenichi SAITOH1, Shigeo ARAI, Shunsuke MUTO, Yuta YAMAMOTO, Kimitaka HIGUCHI and Nobuo TANAKA, "Interfacial fracture strength of micro-scale Si/Cu components with different free-edge shape", Key Engineering Materials, Vol.665, (2016), pp 169-172. [http://dx.doi.org/10.4028/www.scientific.net/KEM.665.169]
  • 佐藤知広,宅間正則,齋藤賢一,中野雄亮,森上篤, "AEによるTi-Ni合金の相変態の発生状態の評価(MD法を用いた構造解析結果との比較)" 日本機械学会論文集, Vol.81, No.825, (2015), pp.14-00436. [http://doi.org/10.1299/transjsme.14-00436]
  • Y. Takahashi, H. Kondo, R. Asano, M. Takuma, K. Saitoh, S. Arai, S. Muto and N. Tanaka, "In situ micro-mechanical testing of grain boundaries combined with environmental TEM", APCFS/SIF-2014 International Congress, (2014/12/9-12, Sydney, Australia). (presented by Prof.Takahashi).
  • Wang, C.E., Tanaka,S., Saito,K., Shimizu,T. and Shingubara,S., , "Fabrication of Ordered Arrays of Anodic Aluminum Oxide Pores with Interpore Distance Smaller than the Pitch of Nano-pits formed by Ion Beam Etching", Journal of Materials Science and Nanotechnology, Vol.1, No.1, (2014), pp.1-5.
  • Masanori Takuma,Shigeyoshi Hisada,Kenichi Saitoh,Yoshimasa Takahashi, Yuuki Kobayashi,Akira Kadono,Atushi Murata,Satoshi Iwata and Toshinori Sasaki, "Acoustic Emission Measurement by Fiber Bragg Grating Glued to Cylindrical Sensor Holder", Advances in Materials Science and Engineering, Vol.2014, Article ID 274071, (2014), pp.1-12. [http://dx.doi.org/10.1155/2014/274071]
  • Masanori TAKUMA, Shigeyoshi HISADA, Kenichi SAITOH, Yoshimasa TAKAHASHI, Yuuki KOBAYASHI, Akira KADONO, Atushi MURATA, Satoshi IWATA and Toshinori SASAKI, "Acoustic Emission Measurement by Fiber Bragg Grating Glued to Cylindrical Sensor Holder" Advances in Materials Science and Engineering, (2014), Article ID 274071, 12 pages. [http://dx.doi.org/10.1155/2014/274071]
  • Chonge Wang, Yasuharu Ishida, Shukichi Tanaka, Ken-ichi Saitoh, Tomohiro Shimizu and Shoso Shingubara, "Fabrication of an ordered anodic aluminum oxide pore arrays with an interpore distance smaller than the nano-indentation pitch formed by ion beam etching", The 24th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2011), (27P-11-54). (2011/10/27, Kyoto, Japan).
  • Seiji Aoyagi, Masato Suzuki, Tomokazu Takahashi, Tsutomu Tajikawa, Ken-ichi Saitoh, Shoso Shingubara, Yasuhiko Arai, Hiroyuki Tajiri Yasuhiro Yoshikawa, "Micro Accelerometer and Magnetoresistive (MR) Sensor Directly Fabricated on a Ceramic Substrate", Proceedings of the ASME 2011 Pacific Rim Technical Conference and Exhibition on Packaging and Integration of Electronic and Photonic Systems, MEMS and NEMS InterPack 2011, Draft 52290. (July 6-8, 2011, Portland, Oregon, USA)
  • Keisuke Yamamoto, Takuzo Iwatsubo, Ken-ichi Saitoh and Tomonori Moriuchi, "Simulation of Water Flow in a Coated Nano Pore by a Molecular Dynamics", Advances in Science and Technology, Vol.57, (2008), pp.73-79. (Trans Tech Publications, Switzerland) (doi:10.4028/www.scientific.net/AST.57.73)
  • Shoso Shingubara, Takafumi Yamashita, Hironori Mori, Satoru Maruo, Seiji Aoyagi, Yasuhiko Arai, Sumio Nakahara, Tomomi Yamaguchi, Kennichi Saitoh, "Fabrication of ultra high density magnetic recording media using self-organized porous alumina nanohole array", Science Technology Reports of Kansai University, No.51, (2009), pp.1-7.
  • Takehiko Inaba, Goushi Morita, and Ken-ichi Saitoh, "Longitudinal heat transfer enhanced by fluid oscillation in a circular pipe with conductive wall", Heat Transfer Asian Research, Vol.33, No.2, (2004), pp.129-139.
  • 中山高也・稲葉武彦・齋藤賢一, "多重曲がり管内の流れと熱伝達の解析", 日本機械学会論文集, B編, 69巻,688号, (2003), pp.2664-2669.
  • 稲葉武彦・森田剛志・齋藤賢一, "管壁の熱伝導を考慮した円管内脈動流による軸方向熱伝達", 日本機械学会論文集, B編, 68巻,676号, (2002), pp.3439-3444.
  • Takehiko Inaba, Mikio Tahara and Ken-ichi Saitoh, "Longitudinal heat transfer in oscillatory flows in pipe bundles of various cross sections", JSME International Journal, Ser.B, Vol.43, (2000), pp.460-467.
  • 稲葉武彦・田原己紀夫・齋藤賢一, "管束内脈動流による軸方向拡散に及ぼす管断面形状の影響", 日本機械学会論文集, B編, 65巻,636号, (1999), pp.2821-2827.
  • Shigenobu Ogata, Hiroshi Kitagawa, Yukihiro Maegawa and Ken-ichi Saitoh, "Ab-initio analysis of aluminum Σ=5 grain boundaries --- Funcamental structures and effects of silicon impurity", Computational Materials Science, Vol.7, (1997), pp.271-278.

学術講演会 発表論文
  • 斉藤拓海・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤 知広, "高精度な極細線のための冷間伸線加工のFEM解析ーミクロからの変形挙動の理解ー", "FE Analysis of cold wire drawing for high precision extra fine wire: Deformation behavior from microscopic view", 日本機械学会2020年度年次大会 講演論文集, (2020/9/13-16,名古屋大,名古屋市).発表予定.
  • 鈴木亮佑・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤 知広, "トロポコラーゲンと架橋構造の全原子MDモデリングおよび力学特性のシミュレーション", "All-atom MD modeling and simulation of mechanical properties of tropocollagen and its cross- linked structure", 日本機械学会2020年度年次大会 講演論文集, (2020/9/13-16,名古屋大,名古屋市).発表予定.
  • 和泉幸宏・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤 知広, "All-Atom分子動力学モデルによるセルロースナノファイバーの力学挙動と階層的伝達機構の解明", "Mechanical behavior and hierarchical transmission mechanism of cellulose nanofiber by All-Atom molecular dynamics model", 日本機械学会2020年度年次大会 講演論文集, (2020/9/13-16,名古屋大,名古屋市).発表予定.
  • 岩本麻初・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤 知広, "PTP包装における多層ラミネートフィルムのプラグ成形−FEM解析と実験による成形限界線図の作成−", "Plug Molding of Multilayer Laminate Film for Press Through Package: Determination of Forming Limit Diagram by FEM Simulation and Experiment", 日本機械学会2020年度年次大会 講演論文集, (2020/9/13-16,名古屋大,名古屋市).発表予定.
  • 齋藤賢一・平松直人・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "VRを用いた分子動力学シミュレーションの対話的可視化", "Interactivity and Visualization of Molecular Dynamics Simulation by Using Virtual Reality", 計算工学講演会論文集, Vol.25,(2020), F-10-01(CD-ROM), pp.1-4. (2020/6/10-12, 北九州国際会議場,北九州市小倉(講演会中止)).
  • 斉藤拓海・齋藤賢一, "高精度な極細線のための冷間伸線加工に関するFEM 解析", "FE Analysis of Cold wire drawing for high precision extra fine wire", 日本鉄鋼協会第179回春季講演会講演論文集(CAMP-ISIJ), Vol.33, (2020)-199, pp.#S127. (2020/3/17-19,東工大,東京(講演会中止)).
  • 孫沐紫・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "金属と被覆樹脂の接合構造に基づく強度発現機構の分子動力学的検討", "Molecular Dynamics Exploration of Strengthening Mechanism Based on Interface Structure between Metal and Resin Polymer", 日本機械学会 講演論文集 (関西支部第95期定時総会講演会), No.204-1, (2020), #P001). (2020/3/11-12,同志社大学田辺, 京田辺市(講演会中止)).
  • 吉田紘基・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "大規模MDを用いた伸線材料における塑性変形メカニズムの理解", 第33回分子シミュレーション討論会, (2019), 143P (2019/12/9-11, 名古屋公会堂, 名古屋市.発表12/9)
  • 尾田幸介・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "伸線パーライトの塑性変形における結晶構造変化および原子ひずみの分子動力学解析", 第33回分子シミュレーション討論会, (2019), 224P. (2019/12/9-11, 名古屋公会堂, 名古屋市.発表12/10)
  • 寺井雄亮・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "分子動力学法およびTDAを用いたLIB電解液におけるイオン拡散に関する考察", 第33回分子シミュレーション討論会, (2019), 230P (2019/12/9-11, 名古屋公会堂, 名古屋市.発表12/10)
  • 今村祐亮・齋藤賢一・西村憲治・佐藤知広・宅間正則・高橋可昌, "3C-および4H-SiCの結晶欠陥挙動に関する分子動力学シミュレーション", 第33回分子シミュレーション討論会, (2019), 232P. (2019/12/9-11, 名古屋公会堂, 名古屋市.発表12/10)
  • 寺井雄亮・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "Characterization of Nano-Structure by Md Simulation and Topological Data Analysis: Application to LIB Electrolyte", "MDシミュレーションと位相的データ解析による微視的構造の特徴化 -LIB電解液への適用-", 材料シンポジウム「若手学生研究発表会」, (2019), 51(#1044). (2019/10/15-16, 京都テルサ, 京都市.発表10/16)
  • 孫沐紫・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "Molecular Dynamics Exploration of Strengthening Mechanism Based on Interface Structure between Metal and Resin Polymer", "金属と被覆樹脂の接合構造に基づく強度発現機構の分子動力学的検討", 材料シンポジウム「若手学生研究発表会」, (2019), 63(#1049). (2019/10/15-16, 京都テルサ, 京都市.発表10/16)
  • 今村祐亮・齋藤賢一・西村憲治・佐藤知広・宅間正則・高橋可昌, "分子動力学法によるSiC単結晶の塑性変形挙動の解明", "Study on plastic deformation behavior of SiC single crystal by molecular dynamics simulation", 材料シンポジウム「若手学生研究発表会」, (2019), 76(#1052). (2019/10/15-16, 京都テルサ, 京都市.発表10/16)
  • 岩本麻初・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "PTP包装における多層ラミネートフィルムのプラグ成形シミュレーション", "Plug Molding Simulation of Multilayer Laminate Film for Press Through Package", 材料シンポジウム「若手学生研究発表会」, (2019), 89(#1053). (2019/10/15-16, 京都テルサ, 京都市.発表10/16(講演欠席))
  • 吉田紘基・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広 "サブマイクロサイズのMD解析を用いた伸線加工での転位挙動の解明", "Sub-micro-sized Molecular Dynamics Analysis for Investigation of Dislocation in Wiredrawing Process", 第70回塑性加工連合講演会 講演論文集, (2019), pp.227-228. (2018/10/12-13, 日本大, 習志野市.発表10/12) (台風災害による講演会中止,既発表.)
  • 尾田幸介・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広 "伸線パーライト鋼の塑性変形に関する分子動力学解析", "Molecular Dynamics Study on Plastic Deformation of Pearlitic Steel in Wiredrawing", 第70回塑性加工連合講演会 講演論文集, (2019), pp.229-230. (2018/10/12-13, 日本大, 習志野市.発表10/12) (台風災害による講演会中止,既発表.)
  • 齋藤賢一・麻生和輝・今村祐亮・西村憲治・佐藤知広・宅間正則・高橋可昌, "PeridynamicsとMDシミュレーションよるSiC材料の弾塑性と破壊現象の考察", "Elastic-Plastic and Fracture Behaviors of SiC material by Peridynamics and MD Simulations", 日本機械学会 講演論文集 (第32回計算力学講演会(CMD2019)) No.19-19 (2019),(CD-ROM #256), pp.1-4. (2019/9/16-18, 東洋大, 川越市.発表9/16).
  • 齋藤賢一・平松直人・佐藤知広・宅間正則・高橋可昌, "HMDとVRを用いた分子動力学シミュレーションの対話的可視化に関する研究", "Interactive Visualization Technique of Molecular Dynamics Simulation by Using HMD and VR", 日本機械学会 講演論文集 (第32回計算力学講演会(CMD2019)) No.19-19 (2019),(CD-ROM #195), pp.1-4. (2019/9/16-18, 東洋大, 川越市.発表9/17).
  • 佐藤知広・栗林大樹・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "Peridynamicsを用いた硬質膜と基材の応力解析", "Peridynamics Study on Stress Analysis on Hard Film and Base Material", 日本機械学会 講演論文集 (第32回計算力学講演会(CMD2019)) No.19-19 (2019),(CD-ROM #249), pp.1-3. (2019/9/16-18, 東洋大, 川越市.発表9/17).
  • 岩本麻初,齋藤賢一,宅間正則,高橋可昌,佐藤知広, "PTP包装における多層ラミネートフィルムのプラグ成形−FEMシミュレーションと実験による検証−", "Plug Molding of Multilayer Laminate Film for Press Through Package: FEM Simulation and Experiment", 平成31年度塑性加工春季講演会講演論文集, (2019), pp.181-182. (2019/6/7-6/9 同志社大学, 京田辺市. 発表6/8), [優秀論文講演奨励賞 受賞(2019/7/5)]
  • 吉田紘基・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "大規模MDを用いた伸線加工での転位強化メカニズムの検討", "Large-scale Molecular Dynamics Simulations for Investigating Dislocation Strengthening Mechanism in Wiredrawing Process", 計算工学講演会論文集, Vol.24,(2019), A-04-02(CD-ROM), pp.1-5. (2018/5/29-31ソニックシティ, さいたま市. 発表5/29). [2019計算工学講演会ペーパーアワード 受賞(2019/??/??)]
  • 尾田幸介・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, ナノインデンテーションMDモデルによる伸線パーライト鋼の界面・原子挙動解析", "Atomic Behavior near Interface of Drawn Pearlite Steel Analyzed by Nano-indentation MD Model", 計算工学講演会論文集, Vol.24,(2019), A-04-06(CD-ROM), pp.1-4. (2018/5/29-31ソニックシティ, さいたま市. 発表5/29).
  • 今村祐亮・齋藤賢一・西村憲治・佐藤知広・宅間正則・高橋可昌, "SiCの加工メカニズムに関する分子動力学シミュレーション−3C-および4H-SiCの塑性変形における温度特性の解明−", "Molecular dynamics simulation on processing mechanism of SiC:Temperature dependence of plastic deformation for 3C- and 4H-SiC", 日本材料学会第4回マルチスケール材料力学シンポジウム(第24回分子動力学シンポジウム)講演論文集, (2019), P31(USB). (2019/5/24, 室蘭工業大学,室蘭市)
  • 寺井雄亮・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "MD計算および階層型クラスタリングによるLIB電解液中の分子溶媒和構造の評価", "Molecular Solvation Structure in LIB Electrolyte by MD Calculation and Hierarchical Clustering Method", 日本材料学会第4回マルチスケール材料力学シンポジウム(第24回分子動力学シンポジウム)講演論文集, (2019), P32(USB). (2019/5/24, 室蘭工業大学,室蘭市)
  • 齋藤賢一, "鉄鋼線引抜きの微視的挙動に関する分子動力学シミュレーション(パーライト鋼と純鉄モデルでの転位解析)", "Molecular Dynamics Simulation for Microscopic Behavior in Wiredrawing Process of Iron and Steel (Dislocation Analyses in Pearlitic Steel and Pure Iron Models)", 材料とプロセス(鉄鋼協会第177回春季講演会), CAMP-ISIJ, Vol.32 (2019), pp.238. (2019/3/20-22,東京電機大学,東京都. 発表3/22).
  • 今村祐亮・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "SiCの加工メカニズムに関する分子動力学シミュレーション", 平成30年度 日本塑性加工学会関西支部 若手技術交流会(関西支部 第36回先端塑性加工技術コロキウム), (2018/12/7-8, 京都大学宇治キャンパス, 宇治市. 発表12/8.)
  • 吉田紘基・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "分子動力学法を用いた伸線加工における強化メカニズムの探求", 平成30年度 日本塑性加工学会関西支部 若手技術交流会(関西支部 第36回先端塑性加工技術コロキウム), (2018/12/7-8, 京都大学宇治キャンパス, 宇治市. 発表12/8.)
  • 尾田幸介・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "伸線パーライト鋼のナノインデンテーションモデルによるMD解析", 平成30年度 日本塑性加工学会関西支部 若手技術交流会(関西支部 第36回先端塑性加工技術コロキウム), (2018/12/7-8, 京都大学宇治キャンパス, 宇治市. 発表12/8.)
  • 高井義博・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "リチウムイオン電池の電解液分子の微視的挙動とLi+の拡散に 関する分子動力学解析", 第32回分子シミュレーション討論会 講演要旨集, 239P, (2018), pp.178. 発表予定. (2018/11/28-11/30,産総研つくば,つくば市. 発表11/29).
  • 高田健太郎・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "階層構造を有するセルロースナノファイバーの 機械的性質に関する分子動力学解析", 第32回分子シミュレーション討論会 講演要旨集, 233P, (2018), pp.173. (2018/11/28-11/30,産総研つくば,つくば市. 発表11/29). [学生優秀発表賞 受賞] 分子シミュレーション学会誌 アンサンブル, Vol.21,No.1(通巻85号),(2019-1), pp.75.
  • 吉田紘基・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "転位による強化メカニズムの解明に向けた伸線加工の分子動力学解析 ", "Molecular Dynamics Study on Strengthening Mechanism by Dislocations in Wiredrawing Process" 日本機械学会 講演論文集 (第31回計算力学講演会(CMD2018)) No.18-8 (2018),(CD-ROM #215), pp.1-4. (2018/11/23-25, 徳島大, 徳島市.発表11/24).
  • 尾田幸介・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "パーライト相内部の界面における原子メカニズムの解明 〜伸線加工とナノインデンテーションの分子動力学解析〜", "Study on Atomistic Mechanism in Interface of Pearlite Phase: Molecular Dynamics Analysis of Wiredrawing and Nano-indentation", 日本機械学会 講演論文集 (第31回計算力学講演会(CMD2018)) No.18-8 (2018),(CD-ROM #238), pp.1-3. (2018/11/23-25, 徳島大, 徳島市.発表11/24).
  • 齋藤賢一・川村玲・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "Peridynamicsによるガラス材料の強変形における弾塑性・破壊解析", "Peridynamics Simulation of Elastic-plastic deformation and Fracture in Glass Materials", 日本機械学会 講演論文集 (第31回計算力学講演会(CMD2018)) No.18-8 (2018),(CD-ROM #264), pp.1-4. (2018/11/23-25, 徳島大, 徳島市.発表11/25).
  • 尾田幸介・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "パーライトの塑性変形に関するMD解析〜伸線およびナノインデンテーションモデルによる考察〜", "Molecular Dynamics Study on Plastic Deformation of Pearlite: Wiredrawing and Nano-indentation Models" 第69回塑性加工連合講演会 講演論文集, (2018), pp.133-134. (2018/10/27-28, 熊本大, 熊本市. 発表10/27)
  • 高井義博・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "新規LIB電解液用化合物のスクリーニングを目指した分子動力学シミュレーション", "Molecular dynamics simulation aimed at screening compounds for new LIB electrolytes", 日本機械学会2018年度年次大会 講演論文集, Vol.18-1(DVD #J0310301), (2018), pp.1-5. (2018/9/10-12,関西大学,吹田市. 発表9/10) [JSME フェロー賞(年次大会JointSession動エネ部門) 受賞, 2019/11/8]
  • 高田健太郎・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "セルロースナノファイバーのねじり変形に関する分子動力学解析 —階層構造にともなう変形機構の解明—", "Molecular dynamics analysis of cellulose nanofibers for torsional deformation: Elucidation of deformation mechanism associated with hierarchical structure", Vol.18-1(DVD #J0450104), (2018), pp.1-5. (2018/9/10-12,関西大学,吹田市. 発表9/10)
  • 吉田紘基・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "伸線加工メカニズムと格子欠陥挙動に関するMD解析", "Molecular Dynamics Analysis of Wiredrawing Mechanism and Lattice Defects Behavior", Vol.18-1(DVD #J0450105), (2018), pp.1-5. (2018/9/10-12,関西大学,吹田市. 発表9/10)
  • 齋藤賢一・太田直道・西村憲治・佐藤知広・宅間正則・高橋可昌, "PeridynamicsとMDの連携によるSiCの弾塑性・破壊シミュレーション", Peridynamics and Molecular Dynamics Simulations of Silicon Carbide in Elastic-plastic deformation and fracture", 計算工学講演会論文集, Vol.23 , (2018), B-01-03(CD-ROM), pp.1-6. (2018/6/6-8ウィンクあいち, 名古屋市. 発表6/6).
  • 吉田紘基・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "伸線加工における転位メカニズムの分子動力学解析—伸線方位による転位と応力の関係—", "Molecular Dynamics Analysis of Dislocation Mechanism in Metal Wiredrawing: Relation between Dislocation and Stress Depending on Crystal Orientations", 計算工学講演会論文集, Vol.23 , (2018), B-02-01(CD-ROM), pp.1-5. (2018/6/6-8ウィンクあいち, 名古屋市. 発表6/6).
  • 齋藤賢一・尾田幸介・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "伸線パーライト鋼のマイクロダイナミクス〜MD解析における原子間相互作用の高精度化と界面モデルの検討〜", "Microdynamics of drawn pearlitic steel wire: Investigation on interatomic potentials and interface models in molecular dynamics", 平成30年度塑性加工春季講演会講演論文集, (2018), pp.17-18. (2018/5/31-6/2 代々木オリンピックセンター, 東京都),
  • 高田健太郎・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "セルロースナノファイバーの階層的変形構造と捻回特性に関するMD解析", 日本材料学会第3回マルチスケール材料力学シンポジウム(第23回分子動力学シンポジウム)講演論文集, (2018), P9(USB). (2018年5月25日 高知工科大学,高知)
  • 尾田幸介・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "伸線パーライト鋼のMDモデルにおけるセメンタイト分解現象", 日本材料学会第3回マルチスケール材料力学シンポジウム(第23回分子動力学シンポジウム)講演論文集, (2018), P7(USB). (2018年5月25日 高知工科大学,高知)
  • 吉田紘基・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "伸線加工によるナノワイヤの実現に向けた加工原理の探求", 日本材料学会第3回マルチスケール材料力学シンポジウム(第23回分子動力学シンポジウム)講演論文集, (2018), P6(USB). (2018年5月25日 高知工科大学,高知)
  • 高井義博・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "新規LIB電解液用化合物の物性予測に向けた分子動力学シミュレーション", 日本材料学会第3回マルチスケール材料力学シンポジウム(第23回分子動力学シンポジウム)講演論文集, (2018), P5(USB). (2018年5月25日 高知工科大学,高知) [優秀学生講演賞 受賞]
  • 齋藤賢一・吉田紘基・横濱一輝・佐藤知広・宅間正則・高橋可昌, "分子動力学法による鉄鋼の伸線加工に関する研究 ---ダイス表面性状変化による摩擦および塑性変形への影響---", "Molecular Dynamics Study on Wiredrawing of Iron and Steel: Effect of Texture in Die Surface on Friction and Plasticity", 第68回塑性加工連合講演会, (2017), pp.15-16. (2017/11/9-12, フェニックスプラザ福井, 福井市. 発表11/10)
  • 高田健太郎・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "セルロースナノファイバーのねじり変形に関する分子動力学解析---水素結合の評価と形状記憶機能の検討---", "Molecular Dynamics Analysis of Torsional Deformation in Cellulose Nanofiber: Hydrogen Bond and Shape Memory Effect", 第31回分子シミュレーション討論会, 280P, (2017), pp.408-409. (2017/11/29-12/1,金沢商工会議所,金沢市, 11/29発表).
  • 高井義博・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "LIB電界液中のリチウムイオンの微視的挙動に関する分子動力学解析---リチウム塩LiPF6の解離度の評価---", "Molecular Dynamics Study on Microscopic Behavior of Lithium ion in LIB(Lithium Ion Battery) Electrolytes: Degree of Dissociation of Lithium Salt (LiPF6)", 第31回分子シミュレーション討論会, 164P, (2017), pp.236-237. (2017/11/29-12/1,金沢商工会議所,金沢市, 11/30発表).
  • 高井義博・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "リチウムイオン電池の高性能化を目指した電界液の分子動力学解析", 日本機械学会 講演論文集 (第30回計算力学講演会(CMD2017)) No.17-4 (2017),(CD-ROM #177), pp.1-3. (2017/9/16-18, 近畿大, 東大阪市, 発表9/17).
  • 高田健太郎・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "セルロースナノファイバーの分子動力学解析---ねじり変形に対する水素結合の評価---", "Molecular Dynamics Analysis of Cellulose Nanofiber: Evaluation of Hydrogen Bonds in Torsional Deformation", 日本機械学会 講演論文集 (第30回計算力学講演会(CMD2017)) No.17-4 (2017),(CD-ROM #176), pp.1-3. (2017/9/16-18, 近畿大, 東大阪市, 発表9/17).
  • 太田直道・齋藤賢一・西村憲治・佐藤知広・宅間正則・高橋可昌, "PeridynamicsによるSiC押込み試験の弾塑性・破壊モデル", "Peridynamics Modeling of Elastic-Plastic Deformation and Failure Behavior for SiC Indentation Test", 日本機械学会 講演論文集 (第30回計算力学講演会(CMD2017)) No.17-4 (2017),(CD-ROM #125), pp.1-3. (2017/9/16-18, 近畿大, 東大阪市, 発表9/18).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・藤正督・高井千加・RAZAVI Hadi・宅間正則・高橋可昌, "無焼成固体の強度発現機構解析におけるSiO2モデルの構築" "Modelling and analysis of SiO2 for Strengthening Mechanisms of non-firing solids" 日本機械学会 講演論文集 (第30回計算力学講演会(CMD2017)) No.17-4 (2017),(CD-ROM #108), pp.1-2. (2017/9/16-18, 近畿大, 東大阪市, 発表9/17).
  • 太田直道・齋藤賢一・西村憲治・山本勇一・佐藤知広・宅間正則・高橋可昌, "Peridynamics破壊力学と分子動力学の連携によるSiC押込み試験の解析", Naomichi Ota, Ken-ichi Saitoh, Kenji Nishimura, Yuichi Yamamoto, Tomohiro Sato, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, "Peridynamics Simulation of Indentation Test for SiC Crysta; Collaboration with Molecular Dynamcis", 日本機械学会2017年度年次大会 講演論文集, Vol.17-1 (CDROM #G0100101), (2017), pp.1-5, (2017/9/3-6,埼玉大学,さいたま市. 発表9/4)
  • 齋藤賢一・吉田紘基・佐藤知広・仁木貴之・宅間正則・高橋可昌, "鉄鋼線の引き抜きに関する分子動力学的考察:内部結晶欠陥解析とナノテクスチャリングの影響", "Molecular Dynamics Study on Wiredrawing of Steel: Analysis of Crystalline Defects and Effect of Surface Nano-sized Texturing of the Drawing Die", 日本材料学会第2回マルチスケール材料力学シンポジウム(第22回分子動力学シンポジウム)講演論文集, (2017), P17(USB). (2017年5月26日 名城大学天白キャンパス,名古屋)
  • 齋藤賢一・北谷彩人・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "分子動力学法による伸線パーライト鋼の微視界面における原子挙動の解析", "Molecular Dynamics Study on Atomistic Behavior in Interface of Drawn Pearlitic Steel Wire", 平成29年度塑性加工春季講演会講演論文集, (2017), pp.207-208. (2017年6月8-10日 岐阜じゅうろくプラザ),
  • 太田直道・齋藤賢一・西村憲司・佐藤知広・宅間正則・高橋可昌, "Peridynamics破壊力学によるSiC押込み試験での動的変形機構の考察", "Dynamic deformation mechanism of SiC indentation test studied by Peridynamcs", 日本機械学会 講演論文集 (関西支部第92期定時総会講演会), No.174-1, (2017), (#P075) pp.387. (大阪大学吹田)
  • 西村憲治・三宅晃司・山本勇一・齋藤賢一, "分子動力学法によるSiC欠陥構造の温度依存性解析", Kenji Nishimura, Koji Miyake, Yuichi Yamamoto, Ken-ichi Saitoh, "Molecular dynamics study on the temperature dependence of defect structure in SiC", 3rd Meeting on Advanced Power Semiconductors (JSAP) 先進パワー半導体分科会(応用物理学会) 第3回講演会, (2016), P-36.(つくば国際会議場, 11/8-9 P発表11/8)
  • 倉光航平・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤 知広, "マグネシウム多結晶における塑性変形挙動の分子動力学解析 −粒界からの転位生成および双晶形成メカニズム−", "Molecular Dynamics Study on Plastic Deformation Behavior of Mg Polycrystal: Dislocation Emission and Twinning Mechanism from Grain Boundary", 日本機械学会 講演論文集 (第29回計算力学講演会(CMD2016)) No.16-4 (2016),(CD-ROM #260), pp.1-2. (2016/9/23,名大,名古屋).
  • 仁木貴之・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤 知広, "鉄鋼材料の伸線加工に関する分子動力学シミュレーション ---ナノスケール表面テクスチャリングによる影響---", "Molecular Dynamics Simulation of Iron and Steel Wiredrawing: Influence of Nano-scale Surface Texturing", 日本機械学会 講演論文集 (第29回計算力学講演会(CMD2016)) No.16-4 (2016),(CD-ROM #249), pp.1-2. (2016/9/23,名大,名古屋).
  • 古賀悠・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤 知広, "α-Fe結晶および粒界部の微視的応力場における水素挙動の分子動力学解析", "Molecular Dynamics Analysis of Hydrogen under Microscopic Stress Field of \alpha-Fe Crystal and Grain Boundaries", 日本機械学会 講演論文集 (第29回計算力学講演会(CMD2016)) No.16-4 (2016),(CD-ROM #212), pp.1-2. (2016/9/23,名大,名古屋).
  • 齋藤賢一, "材料工学研究室におけるPeridynamics解析例と今後の展望", "Application and Perspective of Peridynamics in MEMM Laboratory", 第1回Peridynamics情報交換会, (2016). (2016年7月19日, 電中研大手町).
  • 古賀悠・齋藤賢一, "分子動力学法によるα-Fe結晶中の水素拡散挙動〜伸線材の残留応力場による影響〜", "Molecular Dynamics Study on Behavior of Hydrogen Diffusion in alpha-Fe crystal: Effect of Residual Stress in Drawin wires", 日本塑性加工学会 第80回伸線技術分科会, 講演資料, (2016). (2016年7月1日, 調布市, 電気通信大学). [伸線技術分科会研究集会 奨励賞受賞]
  • 齋藤賢一・古賀悠・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "分子動力学法による鉄鋼材料の伸線加工シミュレーション:残留応力の発生と水素拡散に関する検討", "Molecular Dynamics Simulation of Steel Wiredrawing: Analyses of Residual Stress and Hydrogen Diffusion", 平成28年度塑性加工春季講演会講演論文集, (2016), pp.233-234. (2016年5月22日),
  • 齋藤賢一・西村憲治・佐藤知広・花城卓也・宅間正則・高橋可昌, "SiC結晶の塑性挙動における温度の影響:ナノインデンテーションの分子動力学モデルによる検討", "Temperature Dependence in Plastic Deformation Behavior of SiC Crystal: Molecular Dynamics Modeling of Nano-indentation", 日本材料学会マルチスケール材料力学シンポジウム(第21回分子動力学シンポジウム・第9回マイクロマテリアルシンポジウム)講演論文集, (2016), P16(USB). (2016年5月27日 富山大学,富山)
  • 齋藤賢一・咲本大輔・牧田智貴・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "分子動力学によるセルロースナノファイバー素材の力学的特性・機能の解明", "Molecular Dynamics Study on Mechanical Functions of Cellulose Nanofiber Material", 計算工学講演会論文集 Vol.21 , (2016-5), F-5-2(CD-ROM). (2016年6月1日),
  • 西村憲治・三宅晃司・花城卓也・齋藤賢一, "分子動力学法によるSiCの機械的特性の温度依存性評価", "Molecular Dynamics Study on the Temperature Depencence of the Mechanical Properties of SiC", 計算工学講演会論文集 Vol.21 , (2016-5), F-6-3(CD-ROM). (2016年6月1日),
  • 古賀悠・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "残留応力を考慮した水素環境下におけるα-Fe結晶の変形挙動: 双結晶の原子シミュレーション" 日本機械学会講演論文集(関西支部第91期定時総会講演会(メカボケーション学生研究発表セッション)), No.164-1, (2016), (#P050), pp.424. (2016/3/11, 寝屋川(大電通大)).
  • 仁木貴之・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "鉄鋼材料の伸線加工に関する分子動力学シミュレーション 〜摩擦モデルの検討およびナノトライボロジー的考察〜", 日本機械学会講演論文集(関西支部第91期定時総会講演会(メカボケーション学生研究発表セッション)), No.164-1, (2016), (#P051), pp.425. (2016/3/11, 寝屋川(大電通大)).
  • 倉光航平・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "Mg多結晶における塑性変形挙動の分子動力学解析 −粒界構造が変形機構に及ぼす影響−" 日本機械学会講演論文集(関西支部第91期定時総会講演会(メカボケーション学生研究発表セッション)), No.164-1, (2016), (#P045), pp.419. --> (2016/3/11, 寝屋川(大電通大)).
  • 有馬大貴・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "Peridynamicsを用いた伸線加工における塑性・破壊モデルの構築", 日本機械学会 講演論文集 (第28回計算力学講演会(CMD2015)) No.15-19, (2015),(CD-ROM #029). (2014/10/10,横国大,横浜).
  • 花城卓也・齋藤賢一・西村憲治・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "SiCの転位挙動における温度依存性のMD法による検討", 日本機械学会 講演論文集 (第28回計算力学講演会(CMD2015)) No.15-19, (2015),(CD-ROM #114). (2014/10/11,横国大,横浜).
  • 咲本大輔・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "セルロースナノファイバーの分子動力学解析 —高強度をもたらす水素結合ネットワークの解明—", 日本機械学会 講演論文集 (第28回計算力学講演会(CMD2015)) No.15-19, (2015),(CD-ROM #047). (2014/10/11,横国大,横浜).
  • 齋藤賢一, "伸線加工分野における材料挙動理解へのMD的アプローチ", 日本機械学会関西支部平成27年第2回商議員会(第1専門部会), (2015/9/8, 機械学会関西支部, 大阪)
  • 西村憲治・三宅晃司・花城卓也・齋藤賢一, "ナノインデンテ−ション法によるSiC薄膜の機械的特性評価", 日本計算工学講演会論文集, Vol.20, F-6-3. (2015/6/9 つくば国際会議場,茨城) ※西村氏発表
  • 齋藤賢一・鮫島洋平・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "原子論的シミュレーションによるパーライト鋼の伸線加工時の挙動解析 ---微視組織および相変態の検討---", 平成27年度(第46回)塑性加工春季講演会 講演論文集, (2015), pp.93-94. (2015/5/31 慶応大矢上).
  • 齋藤賢一,白花拓也,鈴木鷹幸,宅間正則,高橋可昌,佐藤知広, "コラーゲンフィブリルの分子動力学モデリングと力学的特性評価", "Molecular Dynamics Modeling of Fibrillar Collagen Aiming at Evaluation of Mechanical Properties", 第20回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2016), P22(usb). (2015/5/22 山形大学)
  • 有馬大貴・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "伸線加工の塑性・破壊シミュレーションへのPeridynamicsの適用", 日本機械学会講演論文集(関西支部第90期定時総会講演会(メカボケーション学生研究発表セッション)), No.154-1, (2015), (#P010), pp.428. (2015/3/16, 京都(京大桂)).
  • 咲本大輔・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・濱本祐輔, "セルロースナノファイバーの分子動力学解析 —ナノレベル引張・剥離試験モデルによる機械的性質の評価—", 日本機械学会講演論文集(関西支部第90期定時総会講演会(メカボケーション学生研究発表セッション)), No.154-1, (2015), (#P009), pp.427. (2015/3/16, 京都(京大桂)).
  • 花城卓也・齋藤賢一・西村憲治・宅間正則・高橋可昌, "ナノインデンテーションによるSiC薄膜の変形挙動−分子動力学法を用いた内部欠陥構造の検討−" 日本機械学会講演論文集(関西支部第90期定時総会講演会(メカボケーション学生研究発表セッション)), No.154-1, (2015), (#P012), pp.430. (2015/3/16, 京都(京大桂)).
  • 白花拓也・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "分子動力学法によるコラーゲン分子の力学応答解析 ---引張・圧縮変形にらせん状微視構造が及ぼす影響--- ", 日本機械学会 講演論文集 (第27回計算力学講演会(CMD2014)) No.14-14, (2014),(CD-ROM #2131). (2014/11/23, 岩手大,盛岡)
  • 鮫島洋平・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "分子動力学法による伸線加工のナノレベル解析 ---パーライト鋼の微視界面での原子挙動---", 日本機械学会 講演論文集 (第27回計算力学講演会(CMD2014)) No.14-14, (2014),(CD-ROM #2129). (2014/11/23, 岩手大,盛岡)
  • 齋藤 賢一・大津 賢吾・佐藤 知広・平井 良政・宅間 正則・高橋 可昌 "銅合金Cu2S結晶の温度変化に依存した摺動機構に関する分子動力学解析", 日本機械学会M&M2014材料力学カンフアレンス, (2014),pp.OS0207. (2014/7/20-22,福島大)
  • 花城卓也・齋藤賢一・西村憲治・宅間正則・高橋可昌, 単結晶シリコンの原子レベルでの非弾性挙動および脆性延性遷移機構の解明 第19回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2014), P19. (2014/5/16 福岡大)
  • 咲本大輔・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "Hybridモデルを用いた分子動力学法によるセルロースナノファイバーの構造解析", 第19回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2014), P21. (2014/5/16 福岡大)
  • 有馬大貴・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "SPH法による伸線加工時の材料損傷モデルの検討", 第19回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2014), P23. (2014/5/16 福岡大)
  • トウ 執爽・齋藤 賢一・宅間 正則・高橋 可昌 "Mg結晶の双晶変形に及ぼす粒界の影響のMDモデルによる解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第89期定時総会講演会), No.144-1, (2014), (#307), pp.(3-)16. (2013/3/19, 堺(阪府大)).
  • 白花拓也・齋藤 賢一・宅間 正則・高橋 可昌 "コラーゲンフィブリルおよびその構造体の分子動力学モデリングと機械的性質", 日本機械学会講演論文集(関西支部第89期定時総会講演会), No.144-1, (2014), (#716), pp.(7-)16. (2013/3/19, 堺(阪府大)).
  • 鮫島 洋平・齋藤 賢一・宅間 正則・高橋 可昌 "ナノ伸線加工におけるパーライト鋼の分子動力学解析〜炭素原子拡散メカニズムの解析〜" 日本機械学会講演論文集(関西支部第89期定時総会講演会), No.144-1, (2014), (#108), pp.(1-)8. (2013/3/18, 堺(阪府大)).
  • 葭矢航平・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "Phase-Field-Crystalシミュレーションによる固相変態挙動解析 −2次元モデルにおける基本格子構造間の相変態− 日本機械学会講演論文集(第26回計算力学講演会(CMD2013)), No.13-3, (2013),(CD-ROM #1610). (2013/11/2, 佐賀大).
  • 齋藤賢一・鮫島洋平・岡田拓也・大良修平, "鉄鋼線の引抜き加工に関する原子モデリング−セメンタイト組織における炭素原子拡散と変形挙動−", 平成25年度(第44回)塑性加工春季講演会 講演論文集, (2013), pp.189-190. (2013/6/7 大同大).
  • 鮫島洋平・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, 分子動力学法によるナノ伸線加工の原子レベル解析〜パーライト鋼の炭素原子拡散機構の検討〜 第18回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2013), P24. (2013/5/17 東京工業大).
  • 中原大海・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, フェーズフィールド法を用いた金属材料の固相焼結過程の解析 第18回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2013), P23. (2013/5/17 東京工業大)
  • 葭矢航平・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "Phase-field-crystalシミュレーションによる材料組織の相変態挙動", 日本機械学会講演論文集(関西支部第88期定時総会講演会), No.134-1, (2013), (#420), pp.(4-)20. (2013/3/17, 大阪(大阪工大)).
  • 梅川祐輔・山口智実・古城直道・廣岡大祐・齋藤賢一, "分子動力学法を用いた鉄−バルク間における炭素拡散挙動", 日本機械学会講演論文集(関西支部第88期定時総会講演会), No.134-1, (2013), (#413), pp.(4-)13. (2013/3/17, 大阪(大阪工大)).
  • 阪本翔・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "分子動力学法における架橋高分子材料の構造および強度解析—ポリイソプレンゴムの模擬架橋モデル—", 日本機械学会講演論文集(関西支部第88期定時総会講演会), No.134-1, (2013), (#414), pp.(4-)14. (2013/3/17, 大阪(大阪工大)).
  • 山下直人・宅間正則・齋藤賢一・高橋 可昌", "AE法によるMg合金の損傷評価に関する研究 −曲げ・疲労試験に対する評価−", 日本機械学会講演論文集(関西支部第88期定時総会講演会), No.134-1, (2013), (#527), pp.(5-)27. (2013/3/17, 大阪(大阪工大)).
  • 堀山仁 ・宅間正則・齋藤賢一・高橋 可昌, "Lamb 波を用いた機械材料の損傷評価に関する研究", 日本機械学会講演論文集(関西支部第88期定時総会講演会), No.134-1, (2013), (#526), pp.(5-)26. (2013/3/17, 大阪(大阪工大)).
  • 上田慶一・小田敏弘・ 高橋可昌・宅間 正則・ 齋藤賢一 "クリープによる異材界面端からのはく離き裂発生強度特性", 日本機械学会講演論文集(関西支部第88期定時総会講演会), No.134-1, (2013), (#513), pp.(5-)13. (2013/3/17, 大阪(大阪工大)).
  • 大良修平・齋藤賢一・鮫島洋平, "伸線加工の原子レベルシミュレーション〜鉄鋼線の相変態および摩擦モデルの検討〜", 日本塑性加工学会 第73回伸線技術分科会, 講演資料. (2012/11/30, 東京(新日鉄住金)). [日本塑性加工学会 第73回伸線技術分科会 奨励賞受賞].
  • 齋藤賢一・大野治彦・松尾俊一郎, "原子レベルシミュレーションによるセルロースナノファイバーおよびナノフィ ブリルの構造と強度の評価", 日本機械学会講演論文集(第25回計算力学講演会(CMD2012)), No.12-4, (2012),(CD-ROM #1006) pp.501-503. (2012/10/7, 神戸).
  • 齋藤賢一・尾北覚, "原子間ポテンシャルを基礎とするマクロ粒子モデリングによる弾塑性材料挙動の再現" 日本機械学会講演論文集(第25回計算力学講演会(CMD2012)), No.12-4, (2012),(CD-ROM #1410), pp.232-234. (2012/10/7, 神戸).
  • 山口達也・齋藤賢一・淀谷芽実, "分子動力学法による自己組織化量子ドットの積層構造と機械的特性の評価", 日本機械学会講演論文集(第25回計算力学講演会(CMD2012)), No.12-4, (2012),(CD-ROM #1042), pp.474-475. (2012/10/7, 神戸).
  • 齋藤賢一, "伸線加工に関する材料科学シミュレーションの可能性", 日本塑性加工学会 関西支部若手の会第23回先端塑性加工技術コロキウム, (招待講演), (2012/7/2, 神鋼鋼線(尼崎)).
  • 齋藤賢一, "原子レベルから見た塑性変形と伸線加工", 日本鉄鋼協会 第112回棒線圧延部会(招待講演), (2012/6/8, 住友電工(伊丹)).
  • 山口達也・齋藤賢一・淀谷芽実, "自己組織化量子ドットの機械的特性評価に関する分子動力学的研究", 第16回分子動力学シンポジウム講演論文集, USB-data, P11. (2012/6/5, 駒場,東京).
  • 江島貴裕・齋藤賢一・宅間正則・佐藤知広・平井良政, "分子動力学法による硫化銅(Cu2S)の結晶構造および摺動機構の解明 第16回分子動力学シンポジウム講演論文集, USB-data, P35. (2012/6/5, 駒場,東京).
  • 花城 直也・齋藤賢一・新家昇・小泉照平, "原子間ポテンシャルを基礎とするマクロ粒子モデリングに関する研究 (粒子間ポテンシャル構築と塑性モデルの導入について)", 日本機械学会講演論文集(関西支部第87期定時総会講演会), No.124-1, (2012), (#405), pp.(4-)5. (2012/3/16, 大阪(関西大)).
  • 壇孟・齋藤 賢一, "強ひずみ加工を受ける金属材料の微視組織変化 −ひずみ制御分子動力学法による解析−", 日本機械学会講演論文集(関西支部第87期定時総会講演会), No.124-1, (2012), (#406), pp.(4-)6. (2012/3/16, 大阪(関西大)).
  • 山口達也・齋藤賢一・新家昇・淀谷芽実, "分子動力学法による自己組織化量子ドットの構造生成と強度評価に関する研究" 日本機械学会講演論文集(関西支部第87期定時総会講演会), No.124-1, (2012), (#407), pp.(4-)7. (2012/3/16, 大阪(関西大)).
  • 大良修平・齋藤賢一, "ナノ伸線加工の分子動力学法による研究 −摩擦モデルに関する検討−", 日本機械学会講演論文集(関西支部第87期定時総会講演会), No.124-1, (2012), (#408), pp.(4-)8. (2012/3/16, 大阪(関西大)).
  • 松尾俊一郎・齋藤賢一・大野治彦, "分子動力学によるセルロースナノファイバー・フィブリルモデルの構築と力学特性の評価", 日本機械学会講演論文集(関西支部第87期定時総会講演会), No.124-1, (2012), (#409), pp.(4-)9. (2012/3/16, 大阪(関西大)).
  • 赤木一太・ 齋藤賢一・新家昇, "SPH法による固体材料解析における角運動量保存に関する研究 ~Eulerの運動方程式による回転修正〜", 日本機械学会講演論文集(関西支部第87期定時総会講演会), No.124-1, (2012), (#410), pp.(4-)10. (2012/3/16, 大阪(関西大)).
  • 川瀬達也・齋藤賢一, "分子動力学法によるナノ多結晶ダイヤモンドの粒界構造・強度解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第87期定時総会講演会), No.124-1, (2012), (#411), pp.(4-)11. (2012/3/16, 大阪(関西大)).
  • 江島貴裕・齋藤賢一・宅間正則・佐藤知広・平井良政 "硫化銅(Cu2S)の摺動特性に関する分子動力学解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第87期定時総会講演会), No.124-1, (2012), (#412), pp.(4-)12. (2012/3/16, 大阪(関西大)).
  • 佐山真一・新家昇・宅間正則・齋藤賢一・高橋可昌・佐藤知広・平井良政, "鉛フリー銅合金を用いたバイメタル材の損傷評価に関する研究", 日本機械学会講演論文集(関西支部第87期定時総会講演会), No.124-1, (2012), (#928), pp.(9-)28. (2012/3/17, 大阪(関西大)).
  • 山口達也・齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法による自己組織化量子ドットの機械的特性評価 −ピラミッド型ハットクラスタの応力・ひずみ解析−", 第16回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2011), pp.60-65. (2012/1/23-24(1/23), 大阪(関西大)).
  • 齋藤賢一, "分子動力学法(MD)の基礎と固体力学問題への適用", プロジェクトゼミナール(熊本大学大学院自然科学研究科) 及び第276回材料科学談話会(金属学会・鉄鋼協会九州支部), 授業講演. (2011/11/29, 熊本(熊本大)).
  • 花城直也・齋藤賢一・新家昇・小泉照平, "原子間ポテンシャルを基礎とするマクロ粒子モデリングに関する研究(粒子間ポテンシャルの構築と弾性変形の評価)", 日本機械学会講演論文集(第24回計算力学講演会), No.11-3, (2011),(CD-ROM #516), pp.134-136. (2011/10/9, 岡山).
  • 齋藤賢一, "原子レベルから見た塑性変形と伸線加工", 日本塑性加工学会 第60回伸線技術分科会(特別講演), 講演資料(内部資料), (2011/6/24, 東京).
  • 齋藤賢一, "伸線加工における材料組織変化のミクロ数値解析---引抜き中の結晶方位と結晶構造の変化---", 平成23年度(第42回)塑性加工春季講演会 講演論文集, (2011), pp.159-160. (2011/5/27-29(5/29),東京).
  • 松尾俊一郎・齋藤賢一, "分子動力学によるセルロースナノファイバーの分子構造・運動・機械的特性の評価", 日本材料学会 第1会マルチスケールマテリアルモデリングシンポジウム(第16回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2011), P10. (2011/5/23, 大阪).
  • 花城直也・齋藤賢一・小泉照平・新家昇, "マクロ粒子モデリングによる材料挙動に関する研究(材料力学モデルと熱伝導モデルの検討)"," 日本材料学会 第1会マルチスケールマテリアルモデリングシンポジウム(第16回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2011), P23. (2011/5/23, 大阪).
  • 森上篤・新家昇・宅間正則・齋藤賢一, "AE法によるSMAの形状記憶劣化の評価に関する研究---MD法による構造解析結果との比較---", 日本機械学会講演論文集(関西支部第86期定時総会講演会), No.114-1, (2011), (#620), pp.(6-)20. (2011/3/19-20(3/20), 京都(京工繊)).
  • 松尾俊一郎・齋藤賢一, "分子動力学法によるセルロースナノファイバーの分子構造と強度の解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第86期定時総会講演会), No.114-1, (2011), (#816), pp.(8-)16. (2011/3/19-20(3/20), 京都(京工繊)).
  • 花城直也・齋藤賢一・新家昇・小泉照平, "マクロスケール粒子モデリングによる材料挙動に関する研究(粒子間ポテンシャルの構築と温度の表現)", 日本機械学会講演論文集(関西支部第86期定時総会講演会), No.114-1, (2011), (#815), pp.(8-)15. (2011/3/19-20(3/20), 京都(京工繊)).
  • 赤木一太・齋藤賢一・新家昇, "SPH法による回転物体の数値モデリング---トルクスケーリングを用いるSPH法の修正---", 日本機械学会講演論文集(関西支部第86期定時総会講演会), No.114-1, (2011), (#1207), pp.(12-)6. (2011/3/19-20(3/19), 京都(京工繊)).
  • 壇孟・齋藤賢一, "ひずみ制御分子動力学法による強加工・巨大ひずみを受ける材料の微視組織変化の解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第86期定時総会講演会), No.114-1, (2011), (#627), pp.(6-)27. (2011/3/19-20(3/20), 京都(京工繊)).
  • 齋藤賢一・赤木一太・岡田武史, "固体材料解析における分子動力学とマクロ粒子法の接点", 第15回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2011), pp.55-60. (2011/1/13-14(1/13), 大阪).
  • 山口達也・齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法による自己組織化量子ドットの構造生成に伴うひずみ緩和に関する研究", 第15回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2011), pp.193-198. (2011/1/13-14(1/14), 大阪).
  • 齋藤賢一・芝田紘和・新家昇, "散逸粒子動力学による生体高分子の構造安定性の解析", 日本機械学会講演論文集(第23回計算力学講演会), No.10-2, (2010),(CD-ROM #1011), pp.572-574. (2010/9/23-25(9/24), 北見).
  • 赤木一太・齋藤賢一・新家昇, "SPH法における回転運動を伴う物質間相互作用モデル", 日本機械学会講演論文集(第23回計算力学講演会), No.10-2, (2010),(CD-ROM #510), pp.76-77. (2010/9/23-25(9/23), 北見).
  • 松木孝信・齋藤賢一・高木知弘, "Multi-phase-field法を用いたNi-Ti形状記憶合金とバリアント間の相互作用の解析", 日本機械学会講演論文集(第23回計算力学講演会), No.10-2, (2010),(CD-ROM #911), pp.111-112. (2010/9/23-25(9/23), 北見).
  • 赤木一太・齋藤賢一・新家昇, "SPH法による回転運動を伴う材料挙動のモデリング", 日本材料学会 第15回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2010), (#P24), pp.76-77. (2010/5/21, 札幌).
  • 齋藤賢一・垣鍔伸幸・新家昇, "分子動力学による伸線加工時の微視組織変化と応力状態の解析", 平成22年度(第41回)塑性加工春季講演会 講演論文集, (2010), pp.175-176. (2010/5/28-30,東京).
  • 松木孝信・齋藤賢一, "Ni-Ti形状記憶合金における相変態のPhase-fieldシミュレーション ---バリアント形成の解析と可視化---", 日本機械学会講演論文集(関西支部第85期定時総会講演会), No.104-1, (2010), pp.(2-)16. (2010/3/17, 大阪).
  • 米川嘉明・齋藤賢一・山田信太郎・新家昇, "金クラスターの変形機構と力学特性に関する分子動力学シミュレーション", 第14回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2010), pp.245-250. (2010.1.29, 大阪).
  • 齋藤賢一・米川嘉明・松木孝信, "計算力学シミュレーションによるナノスケール材料特性の予測", 第14回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2010), pp.35-40. (2010.1.28, 大阪).
  • 齋藤賢一・垣鍔伸幸・矢野聡・中桐明和・新家昇, "ナノ力学による伸線加工時の欠陥挙動と応力状態に関する検討", 日本機械学会講演論文集(第22回計算力学講演会), No.09-, (2009),(CD-ROM), pp.286-287. (2009/10/10-12, 金沢).
  • 米川嘉明・齋藤賢一, "分子動力学法による金クラスターの特異な変形機構の解析", 日本機械学会講演論文集(第22回計算力学講演会), No.09-, (2009),(CD-ROM), pp.282-283. (2009/10/10-12, 金沢).
  • 齋藤賢一・久瀬幸助・中桐明和・新家昇, "伸線加工における欠陥発生の分子動力学モデルに関する検討" 日本機械学会講演論文集(関西支部第84期定時総会講演会), No.094-1, (2009), pp.(3-)19. (2009/3/17,大阪)
  • 米川嘉明・齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法による金原子クラスターの変形機構の解明", 日本機械学会講演論文集(関西支部第84期定時総会講演会), No.094-1, (2009), pp.(3-)8. (2009/3/16,大阪)
  • 中野雄亮・新家昇・宅間正則・齋藤賢一, "応力誘起マルテンサイト変態の挙動による形状記憶劣化に関する研究 ---AE法と分子動力学法の適用---", 日本機械学会講演論文集(関西支部第84期定時総会講演会), No.094-1, (2009), pp.(2-)15. (2009/3/17,大阪)
  • 齋藤賢一・久瀬幸助・佐藤圭悟・久保田啓介, "材料加工におけるナノ構造変化の分子動力学解析", 第13回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2009), pp.73-78. (2009.1.16, 大阪).
  • 米川嘉明・齋藤賢一・角卓也・新家昇, "金クラスター構造体における非弾性変形の分子動力学", 第13回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2009), pp.207-212. (2009.1.15, 大阪).
  • 齋藤賢一, "米国Northwestern大学における研究と教育(客員研究員滞在記)", 日本塑性加工学会伸線技術分科会, 第66回研究集会, 資料集(非公開), (2008), (2008/11/21,東京(住金本社)).
  • 齋藤賢一, "文献紹介(2008年度上半期:伸線、引抜管に関して)", 日本塑性加工学会伸線技術分科会, 第66回研究集会, 資料集(非公開), (2008), (2008/11/21,東京(住金本社)).
  • 齋藤賢一・大西佑樹, "結晶粒微細化過程を組み込んだ巨大ひずみ加工のSPHシミュレーション", 日本機械学会講演論文集(第21回計算力学講演会), No.08-33 (CD-ROM), pp.177-178. (2008.11.1-3, 沖縄).
  • 齋藤賢一・Wing Kam Liu, "ひずみ制御分子動力学によるNiAl合金の相変態解析", 日本機械学会講演論文集(第21回計算力学講演会), No.08-33 (CD-ROM), pp.151-152. (2008.11.1-3, 沖縄).
  • 齋藤賢一・Wing Kam Liu・Dong Qian, "VAC法を用いた超弾性合金の原子−連続体結合の解析方法", 日本機械学会講演論文集(第21回計算力学講演会), No.08-33 (CD-ROM), pp.161-162. (2008.11.1-3, 沖縄).
  • 佐藤 圭悟, 齋藤 賢一, 中谷 彰宏, 新家 昇, "巨大ひずみ場における対称粒界の挙動に関する分子動力学的研究", 日本機械学会M&M2008材料力学カンフアレンス, (2008), CD-ROM, OS0406, (2008/9/18,京都).
  • 久保田 啓介, 齋藤 賢一, 佐藤 知広, 新家 昇, "Ni-Ti合金における応力誘起非品質化および結晶変態の原子レベル 解析", 日本機械学会2008年度年次大会, No.1, (2008), pp.11-12, (2008/8/6,横浜)
  • 齋藤賢一・新井泰彦, "分子動力学法を用いた材料強度・機能のミクロ評価---高速ネット ワークを用いた計算ナノテクノロジーの工学的応用研究会---", 第12回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2008), pp.23-26. (2008.1. 大阪).
  • 古川 敦史・齋藤 賢一・和田 賢幸・新家 昇, "AFMを用いたAuクラスター構造体の変形挙動に関する研究" 日本機械学会講演論文集(関西支部第82期定時総会講演会), No.074-1, (2007), pp.(8-)26. (2007.3.16-17, 大阪).
  • 大西 佑樹・齋藤 賢一・福本 隼人・新家 昇, "SPH法を用いた強ひずみ加工シミュレーション(アルミニウムの ECAP加工における応力・ひずみ解析)", 日本機械学会講演論文集(関西支部第82期定時総会講演会), No.074-1, (2007), pp.(6-)8. (2007.3.16-17, 大阪).
  • 米田 知哉・齋藤 賢一・新家 昇・佐藤 知広, "モンテカルロ法を用いたNi-Ti合金に関する相変態現象の解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第82期定時総会講演会), No.074-1, (2007), pp.(6-)12. (2007.3.16-17, 大阪).
  • 齋藤 賢一・和田 賢幸・古川 敦史・新家 昇, "超高速ネットワークを援用した金クラスター構造体の機械的特性評価に関する原子シミュレーション", 第11回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2007), pp.331-336. (2007.1.19, 大阪).
  • 佐藤 知広・齋藤賢一・新家 昇・米田 知哉・久保田啓介, "Ni-Ti合金の相変態に関するミクロ計算力学モデル", 第11回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2007),pp.327-330. (2007.1.19, 大阪).
  • 永瀬 雄一・齋藤賢一・松野 寛・新家 昇, "分子動力学と散逸粒子動力学を用いたミクロ−メゾスケールにおける自己組織化膜の摩擦モデルとシミュレーション", 第11回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2007), pp.395-400. (2007.1.19, 大阪).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇・米田知哉・久保田啓介, "Ni-Ti合金の欠陥・析出物に関するミクロ計算モデル", 日本機械学会講演論文集(第19回計算力学講演会), No.06-9, pp.373-374. (2006.11.4, 名古屋).
  • 福本隼人・齋藤賢一・新家昇・中地啓輔, "SPH法による粘弾性材料の押出し加工シミュレーション", 日本機械学会講演論文集(第19回計算力学講演会), No.06-9, pp.351-352. (2006.11.4, 名古屋).
  • 田中雅人・齋藤賢一・新家昇・佐藤圭吾, "経験的ポテンシャルを用いたSiC/Al結晶界面原子の配位構造と動力学", 日本機械学会講演論文集(第19回計算力学講演会), No.06-9, pp.605-606. (2006.11.5, 名古屋).
  • 永瀬雄一・齋藤賢一・新家昇, "DPD・MDによる自己組織化膜における摩擦特性の評価", 日本機械学会講演論文集(第19回計算力学講演会), No.06-9, pp.625-626. (2006.11.5, 名古屋).
  • 竹下廣・齋藤賢一・新家昇・宅間正則, "材料表面と相互作用するカーボンナノチューブの振動周波数シフト:分子動力学シミュレーションによる解明", 日本機械学会講演論文集(第19回計算力学講演会), No.06-9, pp.645-646. (2006.11.5, 名古屋).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "Ni-Ti合金の析出物による局所変形と相変態の関係:分子動力学的研究", 日本計算工学会講演会論文集, Vol.11, pp.597-600. (2006.6.13, 大阪).
  • 福本隼人・齋藤賢一・新家昇, "SPH法による押出し加工の数値モデリング", 日本計算工学会講演会論文集, Vol.11, pp.49-52. (2006.6.12, 大阪).
  • 齋藤賢一・新家昇・川口貴之(エクセディ)・細見大介, "ポリマー系ナノコンポジットの強化機構に関する分子動力学モデル", 日本材料学会第11回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2006), pp.1-5. (2006.5.26, 長岡).
  • 福本隼人・齋藤賢一・新家昇, "大変形を伴う塑性加工のSPHモデリングに関する研究", 日本機械学会講演論文集(関西支部第81期定時総会講演会), No.064-1, (2006), pp.(2-)16. (2006.3.18, 京都).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇・佐々木利幸, "Ni-Ti合金の相変態シミュレーションにおける原子間ポテンシャルの影響", 日本機械学会講演論文集(関西支部第81期定時総会講演会), No.064-1, (2006), pp.(10-)7. (2006.3.17, 京都).
  • 田中雅人・齋藤賢一・新家昇・廣瀬翔平, "分子動力学法による金属基複合材料の界面と欠陥の相互作用シミュレーション", 日本機械学会講演論文集(関西支部第81期定時総会講演会), No.064-1, (2006), pp.(10-)2. (2006.3.17, 京都).
  • 川口貴之・齋藤賢一・新家昇, "高分子ナノ複合材料における分子レベルの強化機構に関する計算力学的研究", 日本機械学会講演論文集(関西支部第81期定時総会講演会), No.064-1, (2006), pp.(10-)6. (2006.3.17, 京都).
  • 齋藤賢一・永瀬雄一, "United Atom モデルを用いたナノ界面摩擦の分子動力学シミュレーション", 第10回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2006), pp.186-189. (2006.1.17, 大阪).
  • 齋藤賢一・川口貴之・新家昇・細見大介, "ナノコンポジット材料における原子拡散と強化の分子動力学シミュレーション", 日本機械学会講演論文集(第18回計算力学講演会), No.05-2, pp.671-672. (2005.11.20, つくば).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇・高橋明紘, "Ni-Ti合金の相変態に欠陥が及ぼす影響:分子動力学法による検討", 日本機械学会講演論文集(第18回計算力学講演会), No.05-2, pp.481-482. (2005.11.20, つくば).
  • 齋藤賢一・田中雅人・福本隼人・新家昇, "分子動力学法による異材接合界面の破壊描像とSPH法での数値的破壊との関連", 日本機械学会2005年度年次大会講演論文集, No.05-1, (1), pp.69-70. (2005.9.21, 調布).
  • 齋藤賢一・竹下廣・新家昇・宅間正則, "ナノ構造の破壊センサーを目指したCNTプローブの弾性挙動解析", 日本機械学会2005年度年次大会講演論文集 No.05-1, (6), pp.225-226. (2005.9.20, 調布).
  • 齋藤賢一・新家昇, "SPH-MD結合シミュレーションによる材料界面の原子レベル解析", 日本計算工学会講演会論文集, Vol.10, pp.445-448. (2005.6.1, 東京).
  • 齋藤賢一・新家昇・館岡優記, "SPHを組み入れた分子動力学法によるナノ界面の強度評価", 日本機械学会講演論文集(関西支部第80期定時総会講演会), No.054-1, (2005), pp.(5-)31-32. (2005.3.19, 京都).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇・秋山賢二, "分子動力学法によるNi-Ti合金のマルテンサイト変態経路の観察", 日本機械学会講演論文集(関西支部第80期定時総会講演会), No.054-1, (2005), pp.(5-)11-12. (2005.3.18, 京都).
  • 清水満・宅間正則・新家昇・齋藤賢一, "ナノ材料の破壊特性評価に関する基礎的研究---MD法とAE法の適用---", 日本機械学会講演論文集(関西支部第80期定時総会講演会), No.054-1, (2005), pp.(5-)35-36. (2005.3.19, 京都).
  • 齋藤賢一・新家昇・館岡優記, "材料界面の変形・強度に関するナノレベルシミュレーション", 第9回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, (予稿集), (2005), pp.279-280. (2005.1.18, 大阪).
  • 齋藤賢一・館岡優記・新家昇・福本隼人・田中雅人, "ナノスケール材料界面のSPHシミュレーション", 日本機械学会講演論文集(第17回計算力学講演会), No.04-40, (2004), pp.763-764. (2004.11.20, 仙台).
  • 齋藤賢一・新家昇, "原子クラスターおよびその構造体の動力学挙動に対する原子間ポ テンシャルの影響", 日本機械学会講演論文集(第17回計算力学講演会), No.04-40, (2004), pp.283-284. (2004.11.19, 仙台).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "Ni-Ti合金における相変態の分子動力学シミュレーション", 日本機械学会講演論文集(第17回計算力学講演会), No.04-40, (2004), pp.177-178. (2004.11.18, 仙台).
  • 齋藤賢一・館岡優記・新家昇, "材料界面における力学特性評価へのSPHとMDによるアプローチ", 日本機械学会講演論文集(2004年度年次大会), No.04-1, (1), pp.429-430. (2004.9.8, 北海道).
  • 齋藤賢一・新家昇・西岡哲嗣, "ナノ界面での相対運動による機能性の発現", 日本機械学会講演論文集(2004年度年次大会), No.04-1, (6), pp.217-218. (2004.9.7, 北海道).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "Ni-Ti合金における形状記憶メカニズム解明のための分子動力学的研究", 日本材料学会第9回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2004), pp.49-54. (2004.5.14, 岡山).
  • 齋藤賢一・館岡優記・新家昇・真家弘喜, "分子動力学/SPHを用いる材料界面の力学シミュレーション", 日本材料学会第9回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2004), pp.27-32. (2004.5.14, 岡山).
  • 館岡優記・齋藤賢一・新家昇・真家弘喜, "SPH法を用いた材料界面の力学解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第79期定時総会講演会), No.044-1, (2004), pp.(11-)21-22. (2004.3.18, 大阪).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法によるNi-Ti合金の不均質構造における相変態の観察", 日本機械学会講演論文集(関西支部第79期定時総会講演会), No.044-1, (2004), pp.(3-)17-18. (2004.3.17, 大阪).
  • 齋藤賢一・長瀬修一・新家昇, "原子クラスター構造体の原子論的強度(破壊現象とその要因)", 日本機械学会講演論文集(関西支部第79期定時総会講演会), No.044-1, (2004), pp.(3-)15-16. (2004.3.17, 大阪).
  • 齋藤賢一・長瀬修一・新家昇, "ナノ構造体が有する材料強度の原子シミュレーション", 第8回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, 予講集, (2004), pp.323-324. (2004.1.15, 大阪).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "ナノ単結晶Ni-Ti合金における局所構造変化の分子動力学解析", 日本機械学会講演論文集(第16回計算力学講演会),No.03-26, (2003), pp.483-484. (2003.11.22, 神戸).
  • 長瀬修一・齋藤賢一・新家昇, "ボトムアップ型ナノ結晶構造体の力学特性: 粒界・要素サイズ依存性に関する分子動力学シミュレーション", 日本機械学会講演論文集(第16回計算力学講演会),No.03-26, (2003), pp.481-482. (2003.11.22, 神戸).
  • 齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法・粒子法における対話型シミュレーションの有効性" 日本機械学会講演論文集(第16回計算力学講演会),No.03-26, (2003), pp.9-10. (2003.11.22, 神戸).
  • 齋藤賢一・新家昇・辻村徳之, "分子動力学法による金ナノワイヤの安定構造と内部応力の評価", 日本機械学会講演論文集(2003年度年次大会), No.03-1, (VI), pp.55-56. (2003.8.5-8, 徳島).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法によるナノサイズNi-Ti合金の挙動解析と原子間ポテンシャルの評価", 日本機械学会講演論文集(2003年度年次大会), No.03-1, (VI), pp.43-44. (2003.8.5-8, 徳島).
  • 齋藤賢一・新家昇, "ナノサイズ物質の構造と強度を考察する対話型分子動力学法の開発", 可視化情報, Vol.23, Suppl.No.1, (2003),pp.323-324 (2003.7.23, 東京).
  • 齋藤賢一・新家昇, "分子動力学によるナノサイズSiO2の高温非構造化の考察", 日本材料学会第52期学術講演会講演論文集, (2003), pp.307-308. (2003.5.17-18, 東京).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "ナノサイズNi-Ti合金における相変態の機構:分子動力学モデルの構築" 日本材料学会第8回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2003), pp.52-57. (2003.5.16, 東京).
  • 長瀬修一・齋藤賢一・新家昇, "金属原子クラスターから構成されるナノ結晶構造体の分子動力学による強度評価", 日本材料学会第8回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2003), pp.41-45. (2003.5.16, 東京).
  • 佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法を用いたNi-Tiナノ合金の変形挙動に関する研究" 日本機械学会講演論文集(関西支部第78期定時総会講演会), No.034-1, (2003), pp.(7-)13-14. (2003.3.22, 大阪).
  • 長瀬修一・齋藤賢一・新家昇, "ナノ結晶構造体の強度と粒運動に関する分子動力学的研究" 日本機械学会講演論文集(関西支部第78期定時総会講演会), No.034-1, (2003), pp.(7-)5-6. (2003.3.22, 大阪).
  • 齋藤賢一・岡崎新太郎・安養友彦・新家昇, "Dissipative Particle Dynamics を用いた原子クラスターの挙動解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第78期定時総会講演会), No.034-1, (2003), pp.(7-)19-20. (2003.3.22, 大阪).
  • 齋藤賢一・新家昇, "原子クラスター構造体における格子欠陥挙動のサイズ依存性", 日本機械学会講演論文集(関西支部第78期定時総会講演会), No.034-1, (2003), pp.(7-)21-22. (2003.3.22, 大阪).
  • 齋藤賢一・長瀬修一・新家昇, "原子クラスター構造体の形態と強度の分子動力学による考察", 日本機械学会講演論文集(第15回計算力学講演会),No.02-2, (2002), pp.179-180. (2002.11.3,鹿児島).
  • 齋藤賢一, "多重解像度分子動力学法による金属ナノクラスター焼結体の評価", 日本機械学会講演論文集(材料力学部門講演会), No.02-05, (2002), pp.67-68. (2002.10.12,宇部).
  • 齋藤賢一, "金属原子クラスター間に生じる粒界の分子動力学シミュレーション", 日本材料学会第7回分子動力学シンポジウム講演論文集, (2002), pp.60-65. (2002.5.22, 高松).
  • 齋藤賢一, "原子クラスター間に生じる粒界:分子動力学による研究", 日本機械学会講演論文集(関西支部第77期通常総会講演会) No.024-1, (2002),pp.(7-)39-40.
  • 行天義幸・齋藤賢一・稲葉武彦, "固体壁の影響を強く受けるナノ空間での分子流動シミュレーション", 日本機械学会講演論文集(関西支部第77期通常総会講演会) No.024-1, (2002), pp.(7-)29-30.
  • 澤田和年・齋藤賢一・稲葉武彦, "カーボンナノチューブの螺旋構造が分子流動に及ぼす影響", 日本機械学会講演論文集(関西支部第77期通常総会講演会) No.024-1, (2002),pp.(3-)63-64.
  • 藤井靖章・齋藤賢一・稲葉武彦, "金属表面へ付着する氷の変形挙動の分子動力学シミュレーション", 日本機械学会講演論文集(第14回計算力学講演会), No.01-10, (2001), pp.423-424.
  • 齋藤賢一・浅山征吾・稲葉武彦・高見敦, "流体現象の対話型SPHシミュレーション", 可視化情報, Vol.21, Suppl.No.2, (2001), pp.15-18. (2001.9.27, 可視化情報学会 全国講演会).
  • 齋藤賢一, "微小金属原子クラスターの集合挙動:分子動力学による研究", 日本材料学会第50期学術講演会講演論文集, (2001), pp.267-268.
  • 齋藤賢一・辰巳雅敏・稲葉武彦, "分子動力学法による原子クラスター多体系の解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第76期通常総会講演会), No.014-1, (2001), pp.(4-)21-22.
  • 行天義幸・齋藤賢一・稲葉武彦, "ナノ空間に制約された液体の流動シミュレーション---DCV-GCMD法の導入", 日本機械学会講演論文集(関西支部第76期通常総会講演会(2001.3)), No.014-1, (2001), pp.(9-)5-6.
  • 藤井靖章・齋藤賢一・稲葉武彦, "外力を受ける氷構造の変形と流動化の分子動力学シミュレーション", 日本機械学会講演論文集(関西支部第76期通常総会講演会(2001.3)), No.014-1, (2001), pp.(9-)7-8.
  • 澤田和年・齋藤賢一・稲葉武彦, "分子動力学によるカーボンナノチューブ内の窒素流動解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第76期通常総会講演会(2001.3)), No.014-1, (2001), pp.(9-)3-4.
  • 齋藤賢一・辰巳雅敏・稲葉武彦, "ナノクラスター運動伝達機構の多重解像度MD法による考察", 日本機械学会講演論文集(第13回計算力学講演会), No.00-17, (2000), pp.609-610.
  • 上大田孝・齋藤賢一・稲葉武彦, "金属原子クラスター生成・合体・成長過程の分子動力学シミュレーション", 日本機械学会講演論文集(第13回計算力学講演会), No.00-17, (2000), pp.381-382.
  • 難波永・齋藤賢一・稲葉武彦, "高熱流束をうけるシリカ表面の非平衡分子動力学過程", 日本機械学会講演論文集(第13回計算力学講演会), No.00-17, (2000), pp.615-616.
  • 齋藤賢一・行天義幸・稲葉武彦, "ナノ空間に制約された窒素分子流動の非平衡分子動力学", 日本機械学会講演論文集(第78期流体工学部門講演会), No.00-14, (2000), pp.205.
  • 齋藤賢一・駒谷政男・稲葉武彦, "原子集合体の動力学と多重解像度MD法の適用", 日本機械学会講演論文集(2000年度年次大会), No.00-1(II), (2000), pp.39-40.
  • 齋藤賢一・土肥隆・駒谷政男・稲葉武彦, "多重解像度を持つ対話型分子動力学法に関する研究", 可視化情報, (2000), Vol.20 Suppl.No.1, 第28回可視化情報シンポジウム講演論文集, pp.43-46.
  • 上大田孝・齋藤賢一・稲葉武彦, "クラスター拡散・合体過程の分子論的数値解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第75期定時総会講演会), No.004-1, (2000-3), pp.(2-)1-2.
  • 齋藤賢一・稲葉武彦・森田恭介・行天義幸, "固体壁近傍流れ場の分子動力学的考察", 日本機械学会講演論文集(関西支部第75期定時総会講演会), No.004-1, (2000-3),pp.(2-)7-8.
  • 難波 永・稲葉武彦・齋藤賢一, "表面を持つシリカの分子動力学法による高温挙動解析", 熱流体系および固体系のミクロシミュレーションに関する合同シンポジウム ・第5回分子動力学シンポジウム(日本材料学会,日本機械学会)講演論文集, No.00-4, (2000-3), pp.45-46.
  • 駒谷政男・齋藤賢一・稲葉武彦, "クラスター合体過程への多重解像度分子動力学法の適用", 日本機械学会講演論文集(第12回計算力学講演会), No.99-5, (1999-11), pp.27-28.
  • 齋藤賢一・駒谷政男・稲葉武彦, "原子集合体に生じる応力テンソルの可視化", 可視化情報学会 可視化情報全国講演会(関西99)講演論文集, (可視化情報)Vol.19 Suppl.No.2, (1999-10), pp.219-220.
  • 齋藤賢一・稲葉武彦・金石貴志, "金属表面における液体流動による熱伝達促進の分子動力学解析", 日本機械学会講演論文集(1999年度年次大会), No.99-1, (1999-7), Vol.II,pp.53-54.
  • 齋藤賢一, "結晶粒界の強度と拡散特性の分子動力学解析", 日本物理学会講演概要集,54巻, 1号(第2分冊), (1999), pp.110.
  • 金石貴志・齋藤賢一・稲葉武彦, "液体窒素による固体表面の冷却---分子動力学による研究---", 日本機械学会講演論文集(関西支部第74期定時総会講演会), No.994-1, (1999-3),pp.(12-)51-52.
  • 齋藤賢一・森田恭介・稲葉武彦, "固体表面近傍の水分子の挙動", 日本機械学会講演論文集(関西支部第74期定時総会講演会), No.994-1, (1999-3),pp.(12-)53-54.
  • 齋藤賢一・森田恭介・稲葉武彦, "水分子系の微視的構造と熱輸送過程の非平衡分子動力学解析", 日本機械学会講演論文集(第76期全国大会), No.98-3, (1998-10),pp.109-110.
  • 齋藤賢一・稲葉武彦・駒谷政男, "界面近傍の原子移動と原子応力の表示方法", 日本機械学会講演論文集(第75期通常総会講演会), No.98-1, (1998-4), pp.219-220.
  • 齋藤賢一・北川浩, "Al粒界近傍の原子のマイグレーションと動的再配列 (英題:Atomic Migration and Dynamic Rearrangement near Al Grain Boundary)", 「破壊のメゾスコーピックダイナミックス」研究会, 東北大学金属材料研究所, (1997-7).
  • 齋藤賢一・北川浩, "分子動力学法による粒界溝形成機構の検討", 日本機械学会講演論文集(第74期通常総会講演会), No.97-1, (1997-3), pp.231-232.
  • 齋藤賢一・北川浩・中谷彰宏・尾方成信, "粒界と表面の会合部近傍の応力緩和機構", 日本機械学会講演論文集(第9回計算力学講演会), No.96-25, (1996-11), pp.353-354.
  • 齋藤賢一・北川浩・中谷彰宏・尾方成信, "対応粒界のエネルギと拡散機構", 日本機械学会講演論文集(関西支部第71期定時総会講演会), No.964-1, (1996-3), pp.641-642.
  • 齋藤賢一・北川浩・前川幸弘, "粒界近傍の原子拡散", 第19回NCP研究会・機械の強度と形態研究懇話会シンポジウム論文集, (1995-12), pp.55-58.
  • 北川浩・中谷彰宏・尾方成信・齋藤賢一・前川幸弘, "Al粒界近傍の原子拡散(有効媒質理論による第一原理的評価)", 日本機械学会講演論文集(第8回計算力学講演会), No.95-4, (1995-11), pp.481-482.
  • 北川浩・澁谷陽二・中谷彰宏・齋藤賢一, "粒界拡散をともなう微視的変形の原子モデルによる研究", 日本機械学会第72期通常総会講演会講演論文集(I), No.95-1, (1995-3),pp.160-161.
  • 北川浩・澁谷陽二・中谷彰宏・齋藤賢一, "結晶粒界近傍のストレスマイグレーション機構(分子動力学法による検討)", 日本機械学会 原子/分子モデルを用いる材料強度評価シンポジウム講演論文集, No.940-39, (1994-9),pp.132-137.
  • 北川浩・澁谷陽二・中谷彰宏・齋藤賢一, "粒界近傍の原子自己拡散の分子動力学解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第69期定時総会講演会), No.944-1, (1994-3),pp.242-244.
  • 北川浩・澁谷陽二・中谷彰宏・齋藤賢一, "粒界構造と格子欠陥の相互作用(分子動力学法による検討)", 第17回NCP研究会・機械の強度と形態研究懇話会シンポジウム論文集, (1993-12), pp.5-6.
  • 北川浩・澁谷陽二・中谷彰宏・齋藤賢一, "分子動力学法による粒界構造と格子欠陥の相互作用の検討", 日本機械学会平成5年度材料力学部門講演会講演論文集, No.930-73, (1993-11), pp.363-364.
  • 北川浩・中谷彰宏・齋藤賢一, "結晶粒界と転位の相互干渉の分子動力学シミュレーション", MDサマースクール'92資料集, (1992.8), pp.73-78.

学術講演会 発表論文(連名のもの)
  • 中野裕貴・辻田捷・高橋可昌・宅間正則・齋藤賢一・佐藤 知広, Hiroki NAKANO, Sho TSUJITA, Yoshimasa TAKAHASHI, Masanori TAKUMA, Kenichi SAITO, Tomohiro SATOH "Al-Cu T4合金の高サイクル疲労強度特性に及ぼす温度の影響", "Effect of temperature on high-cycle fatigue strength of Al-Cu T4 alloy", 日本機械学会 M\&M材料力学カンファレンス講演論文集, (2019), OS1717, pp.1-5. (2019/11/2-4, 九州大学, 福岡市.)
  • "ひずみ時効能を持つAl-Mg-Si 系合金の微小疲労き裂進展特性" "Growth behaviour of small cracks in Al-Mg-Si alloy with strain-aging nature 小澤知之・高橋可昌・宅間正則・齋藤賢一・佐藤知広・野口博司・志鎌隆広, Tomoyuki KOZAWA, Yoshimasa TAKAHASHI, Masanori TAKUMA, Kenichi SAITO, Tomohiro SATOH, Hiroshi NOGUCHI, Takahiro SHIKAMA, 日本機械学会 M\&M材料力学カンファレンス講演論文集, (2019), U00069, pp.1-5. (2019/11/2-4, 九州大学, 福岡市.)
  • <未記載あり(2018-2019).今後記載予定.>
  • Akihiro JINGU, Tomohiro SATO, Ken-ichi SAITOH, Masanori TAKUMA, Yoshimasa TAKAHASHI, "Improvement on Friction Properties of Sulfide Al Bronze", Sustainable Tribology Conference 2017 Amami (STCA2017) / Japan-Taiwan Tribology Symposium 2017 (JTTS2017), (#STCA19), pp.38. (presented at 2017/10/14) (2017/10/13-16, Amami, Kagoshima, Japan) [BPA受賞]
  • Shuhei ISHIKAWA, Tomohiro SATO, Ken-ichi SAITOH, Masanori TAKUMA, Yoshimasa TAKAHASHI, "Fundamental Study on Functionality of Synthetic Sulfide-Evaluation of Metal Sulfides as Solid Lubricant-", Sustainable Tribology Conference 2017 Amami (STCA2017) / Japan-Taiwan Tribology Symposium 2017 (JTTS2017), (#STCA01), pp.32. (presented at 2017/10/14) (2017/10/13-16, Amami, Kagoshima, Japan) [BPA受賞]
  • 神宮 章拓, 佐藤 知広, 齋藤 賢一, 宅間 正則, 高橋 可昌, "真空焼結した硫化物分散青銅の摩擦特性向上の検討 ‐焼結温度とSn 含有率の影響", 日本機械学会2016年度年次大会 講演論文集, Vol.16-1 (CDROM #S1170404), (2016), pp.1-5, (2016年9月14日,九州大)
  • 佐藤知広,石川修平,宅間正則,齋藤賢一,高橋可昌, "金属硫化物の熱電特性評価〜第一原理計算の適用と合成硫化物の評価〜", 日本材料学会マルチスケール材料力学シンポジウム(第21回分子動力学シンポジウム・第9回マイクロマテリアルシンポジウム)講演論文集, (2016), P25(USB). (2016年5月27日)
  • 川田祐司・高橋可昌・宅間正則・齋藤賢一・佐藤知広, "A6061-T6 合金の静的・疲労強度特性に及ぼす余剰Mgの影響評価" 日本機械学会講演論文集(関西支部第91期定時総会講演会 (修士研究発表セッション))", No.164-1, (2016), (#M319), pp.271. (2016/3/12, 寝屋川(大電通大)).
  • 和田拓也・高橋可昌・宅間正則・齋藤賢一・佐藤知広, "A6061-T6 合金をベースとした新Al合金のギガサイクル疲労特性(環境の影響)" 日本機械学会講演論文集(関西支部第91期定時総会講演会 (修士研究発表セッション))", No.164-1, (2016), (#M311), pp.263. (2016/3/12, 寝屋川(大電通大)).
  • 北周三郎・高橋可昌・宅間正則・齋藤賢一・佐藤知広, "A6061-T6合金をベースとした新アルミニウム合金の静的・疲労強度特性", 日本機械学会講演論文集(関西支部第91期定時総会講演会(メカボケーション学生研究発表セッション)), No.164-1, (2016), (#P046), pp.420. (2016/3/11, 寝屋川(大電通大)).
  • 相原寿哉・高橋可昌・宅間正則・齋藤賢一・佐藤知広, "マイクロ要素界面端からの剥離き裂発生強度評価(界面端形状の影響評価)", 日本機械学会講演論文集(関西支部第91期定時総会講演会(メカボケーション学生研究発表セッション)), No.164-1, (2016), (#P047), pp.421. (2016/3/11, 寝屋川(大電通大)).
  • 宅間正則・佐藤知広・佐藤雅也・齋藤賢一・高橋可昌 "鉛フリー銅合金を用いたバイメタル材の機械的特性の評価に関する研究 −押込み試験でのAE信号の特徴−", 第20回アコースティック・エミッション総合コンファレンス, 講演論文集, (2015) (2015/11/19-20, 名古屋).
  • 都築勇人・原田尚紀・宅間正則・齋藤賢一・高橋可昌・佐藤知広, "AE法によるSCPH21相当材の疲労損傷評価に関する研究 −バナジウムの添加による効果−", 第20回アコースティック・エミッション総合コンファレンス, 講演論文集, (2015) (2015/11/19-20, 名古屋).
  • 日野原悠・宅間正則・齋藤賢一・高橋可昌・佐藤知広, "移動自己回帰系法を用いたAE信号の特徴抽出に関する研究", 第20回アコースティック・エミッション総合コンファレンス, 講演論文集, (2015) (2015/11/19-20, 名古屋).
  • 浅越美慶・宅間正則・齋藤賢一・高橋可昌, "Mg合金の変形過程における双晶変形のAE波解析 日本機械学会講演論文集(関西支部第90期定時総会講演会(メカボケーション学生研究発表セッション)), No.154-1, (2015), (#P013), pp.431. (2015/3/16, 京都(京大桂)).
  • 近藤光・高橋可昌・宅間正則・齋藤賢一, "環境制御型電子顕微鏡を用いた単一粒界破壊挙動のその場観察試験", 日本機械学会講演論文集(関西支部第90期定時総会講演会 (修士研究発表セッション))", No.154-1, (2015), (#M303), pp.297. (2015/3/16, 京都(京大桂)).
  • 宅間正則・松田茂・大隅啓介・齋藤賢一高橋可昌・朝越美慶・中西直杜, "AE法によるMg合金の損傷評価に関する研究 ---腐食と熱履歴の影響について---", 日本非破壊検査協会 平成26年度 春季講演大会 講演論文集, (2014), pp.83-84. (2014/6/3,市ヶ谷,東京)
  • 瀬戸健太・山口智実・古城直道・樋口誠宏・齋藤賢一・島田尚一, "単結晶ダイヤモンドのクラック伸展挙動に対する分子動力学解析", 精密工学会学術講演会講演論文集, (2010), 精密工学会2010年春季講演会, pp.E80 (CDROM). (2010/3/18)
  • 多川則男・青柳誠司・新井泰彦・新宮原正三・齋藤賢一・谷 弘詞・田村 進・中原住雄・山口智実・牧平憲治, "ユビキタス社会を支えるテラビット級超高密度情報記憶システムのための革新的ナノテクノロジーの開発", 技苑,第128号,pp.25-30 関西大学先端科学技術推進機構 (2009.3).
  • 岩壷卓三・齋藤賢一・守内智則, "コロイダルダンパの基礎研究---疎水処理された細孔内流れの分子動力学シミュレーション" 日本機械学会講演論文集, No.07-8, (2007) Design and Dynamics Conference (2007), pp.CDROM. (2007/9/25-28 東広島).
  • 瀬戸健太・古城直道・樋口誠宏・山口智実・齋藤賢一・島田尚一, , "分子動力学法による単結晶ダイヤモンド切削工具の強度の解析", 2009精密工学会講演会学術講演会講演論文集, (2009), pp.337-338. (2009/3/12,東京(中大))
  • 杉田耕陪・樋口誠宏・山口智実・齋藤賢一・島田尚一, "ダイヤモンド中のクラック進展挙動の分子動力学解析", 2008精密工学会講演会学術講演会講演論文集, (2008), pp.1027-1028. (2008/3/17-19,神奈川(明大))
  • 安田陽・越智光一・楠見晴重・冬木正彦・斎藤賢一・北詰恵一・安原裕紀・堂垣正博, "工学教育を対象としたe-Learningコンテンツ作成・運用事例 〜例題提示およびレベル別問題設定によるプログラム言語演習〜", 情報処理教育研究集会, (2004.11.27, 名古屋).
  • 澤田和年・山口康隆・齋藤賢一・稲葉武彦, "ナノ空間での非平衡分子流動に関する研究", 日本機械学会講演論文集(関西支部第78期定時総会講演会), No.034-1, (2003), pp.(7-)1-2. (2003.3.22, 大阪).
  • 森田剛志・稲葉武彦・齋藤賢一, "管壁の熱伝導を考慮した円管内脈動流による長手方向熱拡散の促進", 日本機械学会講演論文集(関西支部第77期通常総会講演会) No.024-1, (2002), pp.(11-)15-16.
  • 高見敦・稲葉武彦・齋藤賢一, "SPH法による液体衝突噴流の解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第77期通常総会講演会) No.024-1, (2002), pp.(12-)55-56.
  • 高見敦・稲葉武彦・齋藤賢一, "SPH法による非圧縮粘性流れの解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第76期通常総会講演会), No.014-1, (2001), pp.(9-)15-16.
  • 森田剛志・稲葉武彦・齋藤賢一, "管壁の熱伝導を含めた円管内脈動流による長手方向熱拡散の解析解", 日本機械学会講演論文集(関西支部第76期通常総会講演会), No.014-1, (2001), pp.(10-)31-32.
  • 中山高也・稲葉武彦・齋藤賢一, "十分発達した多重曲がり管内の流れと熱伝達の解析", 日本機械学会講演論文集(第13回計算力学講演会), No.00-17, (2000), pp.149-150.
  • Takaya Nakayama, Takehiko Inaba and Ken-ichi Saitoh, "Numerical Investigation of Laminar Flow and Heat Transfer in Multiple Pipe Bends", Proceedings of the 4-th JSME-KSME Thermal Engineering Conference(Kobe), Vol.3, (2000), pp.527-532.
  • 中山高也・稲葉武彦・齋藤賢一, "多重曲がり管内の流れと熱伝達の解析", 日本機械学会講演論文集(関西支部第75期定時総会講演会), No.004-1, (2000-3), pp.(13-)9-10.
  • 柿本 隆・稲葉武彦・齋藤賢一, "流体脈動による熱拡散現象の表示法に関する研究", 日本機械学会講演論文集(第12回計算力学講演会), No.99-5, (1999-11), pp.593-594.
  • 若松洋・稲葉武彦・齋藤賢一, "流体脈動による軸方向拡散に及ぼす波状壁の影響", 日本機械学会講演論文集(関西支部第74期定時総会講演会), No.994-1, (1999-3), pp.(4-)39-40.
  • 田原己紀夫・稲葉武彦・齋藤賢一, "管束内脈動流による軸方向拡散に及ぼす管断面形状の影響", 日本機械学会講演論文集(関西支部第73期定時総会講演会), No.984-1, (1998-3), pp.(8-)43-44.
  • 三宅道晴・稲葉武彦・齋藤賢一, "半径方向熱流出を伴う管内脈動流による軸方向熱拡散", 日本機械学会講演論文集(関西支部第73期定時総会講演会), No.984-1, (1998-3), pp.(8-)45-46.

卒業研究発表会(連名を含む)
  • 斉藤拓海・齋藤賢一・松島冬馬・佐藤一朗・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "高精度な極細線のための冷間引抜き加工−FEM による解析−", "Cold wire drawing for high precision extra fine wire (FE Analysis)", 日本機械学会 関西学生会 2019年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.9A21(CD-ROM). (2020/3/10, 同志社大,京田辺市(講演会中止)).
  • 鈴木亮佑・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "分子動力学法によるトロポコラーゲンの3重らせんおよび架橋構造の力学的評価", "Mechanical evaluation of triple helix and cross-linked structure in tropocollagen by molecular dynamics method", 日本機械学会 関西学生会 2019年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.8A11(CD-ROM). (2020/3/10, 同志社大,京田辺市(講演会中止)).
  • 和泉幸宏・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤 知広, "All-AtomモデルによるセルロースナノファイバーのMDシミュレーション-機械的性質の評価-", "MD simulation of cellulose nanofiber by All-Atom model -Evaluation of mechanical properties-", 日本機械学会 関西学生会 2019年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.12A25(CD-ROM). (2020/3/10, 同志社大,京田辺市(講演会中止)).
  • 今村祐亮,齋藤賢一,西村憲治,佐藤知広,宅間正則,高橋可昌, "SiCの加工メカニズムに関する分子動力学シミュレーション", "Molecular dynamics simulation on processing mechanism of SiC", 日本機械学会 関西学生会 平成30年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.15A11(CD-ROM). (2019/3/10, 草津(立命館大)).
  • 寺井雄亮,高井義博,齋藤賢一,宅間正則,高橋可昌,佐藤知広, "階層型クラスタリングを用いたLIB電解液における溶媒分子の微視的挙動の理解", "Understanding Microscopic Behavior of Solvent Molecules in LIB electrolyte using Hierarchical Clustering", 日本機械学会 関西学生会 平成30年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.15A11(CD-ROM). (2019/3/10, 草津(立命館大)).
  • 吉田紘基, 齋藤賢一,宅間正則,高橋可昌, 佐藤知広, "ナノスケール伸線の加工原理に関する研究ー伸線方位と転位メカニズムの関係ー", 日本機械学会 関西学生会 平成29年度 学生員卒業研究発表講演会, (発表中止).
  • 尾田幸介, 齋藤賢一,宅間正則,高橋可昌, 佐藤知広, "鉄鋼における伸線加工の分子動力学解析ー高精度パーライトモデルの構築ー" "Molecular Dynamics Study on Wiredrawing of Steel: High-precision Modeling of Pearlitic Steel", 日本機械学会 関西学生会 平成29年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.(17-)12. (講演番号17P13) (2018/3/10, 寝屋川(摂南大)).
  • 高井義博,齋藤賢一,宅間正則,高橋可昌, 佐藤知広, "リチウムイオン電池電解液の物性評価に関する分子動力学解析", "Molecular dynamics analysis for physical properties of lithium ion battery electrolytes", 日本機械学会 関西学生会 平成28年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.(3-)1. (講演番号3A11) (2017/3/11, 吹田(大阪大)).
  • 高田健太郎,齋藤賢一,宅間正則,高橋可昌, 佐藤知広, "セルロースナノファイバーの分子動力学解析ーねじれ挙動に対する機械的性質と形状記憶機能ー" "Molecular Dynamics Analysis of Cellulose Nanofiber: Mechanical Properties and Shape Memory Function in Torsional Behavior" 日本機械学会 関西学生会 平成28年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.(1-)20. (講演番号1A24) (2017/3/11, 吹田(大阪大)).
  • 山本勇一,齋藤賢一,西村憲治,佐藤知広, 宅間正則,高橋可昌, "分子動力学法によるSiCナノインデンテーションー塑性変形挙動における結晶方位と温度依存性の解明ー", "Molecular dynamics simulation of SiC nano-indentation test: Dependence of plastic deformation on crystal orientation and temperature", 日本機械学会 関西学生会 平成28年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.(1-)7. (講演番号1A22) (2017/3/11, 吹田(大阪大)).
  • 太田直道・有馬大貴・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・佐藤知広, "Peridynamics理論によるバイメタル材の熱座屈解析", 日本機械学会 関西学生会 平成27年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.(6-)18. (講演番号6P23) (2016/3/10, 寝屋川(大電通大)). [関西学生会BPA受賞]
  • 栗木亮輔・高橋可昌・宅間正則・齋藤賢一・佐藤知広, "A6061-T6 合金をベースとした新Al合金の高サイクル疲労特性(環境の影響)" 日本機械学会 関西学生会 平成27年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.(4-)17. (講演番号4P21) (2016/3/10, 寝屋川(大電通大)). [関西学生会BPA受賞]
  • 芦田至・高橋可昌・宅間正則・齋藤賢一・佐藤知広, "SiN/Cuマイクロ要素界面端からの剥離き裂発生強度評価", 日本機械学会 関西学生会 平成27年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.(4-)3. (講演番号4A13)
  • 神宮章拓・佐藤知広・宅間正則・齋藤賢一・高橋可昌, "真空焼結した青銅合金の摩擦特性に関する研究", 日本機械学会 関西学生会 平成27年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, pp.(5-)15. (講演番号5P15) (2016/3/10, 寝屋川(大電通大)). [関西学生会BPA受賞]
  • 倉光航平・トウ執爽・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "Mgナノ結晶における塑性変形挙動の分子動力学解析", 日本機械学会 関西学生会 平成26年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (6-)14. (講演番号6P14) (2015/3/14, 京都(京大桂)).
  • 古賀悠・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "モンテカルロ法による鉄単結晶中の水素拡散シミュレーション−応力-ひずみ関係への影響−", 日本機械学会 関西学生会 平成26年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (5-)4. (講演番号5A14) (2015/3/14, 京都(京大桂)).
  • 仁木貴之・鮫島洋平・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "鉄鋼材料の伸線加工における結晶粒界挙動の分子動力学解析", 日本機械学会 関西学生会 平成26年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (5-)11. (講演番号5P11) (2015/3/14, 京都(京大桂)).
  • 都築 勇人・宅間正則・齋藤賢一・高橋可昌・原田尚紀, "AE法によるき裂伝播の評価に関する研究 (A6061合金や鋳鋼への適用)", 日本機械学会 関西学生会 平成26年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (4-)14. (講演番号4P14) (2015/3/14, 京都(京大桂)).
  • 日野原 悠・宅間正則・齋藤賢一・高橋可昌, "MARS法によるLamb波モード分離法の提案 - 構造部材の損傷評価に関する研究", 日本機械学会 関西学生会 平成26年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (3-)8. (講演番号3A23) (2015/3/14, 京都(京大桂)).
  • 浅野瞭・高橋可昌・宅間正則・齋藤賢一, "単一粒界試験片を用いた粒界水素脆性の評価", 日本機械学会 関西学生会 平成26年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (5-)18. (講演番号5P22) (2015/3/14, 京都(京大桂)).
  • 咲本 大輔・齋藤 賢一・宅間 正則・高橋 可昌 "セルロースナノファイバーの分子動力学解析—分子間相互作用の高精度化—", 日本機械学会 関西学生会 平成25年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2-)2. (講演番号2A12) (2014/3/17, 堺(阪府大)).
  • 花城 卓也・齋藤 賢一・西村 憲治・宅間 正則・高橋 可昌 "分子動力学法による単結晶Siの変形・破壊シミュレーション-温度および形状変化による脆性-延性遷移挙動の解明-", 日本機械学会 関西学生会 平成25年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (3-)9. (講演番号3A23) (2014/3/17, 堺(阪府大)).
  • 有馬 大貴・齋藤 賢一・宅間 正則・高橋 可昌 "SPH法による金属線材の伸線加工シミュレーション−内部破壊モデルの構築−", 日本機械学会 関西学生会 平成25年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (3-)19. (講演番号3P22) (2014/3/17, 堺(阪府大)).
  • 浅越美慶・宅間 正則・齋藤 賢一・高橋 可昌, AE法によるMg合金の疲労損傷評価に関する研究 -FSWの影響について-", 日本機械学会 関西学生会 平成25年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (3-)12. (講演番号3P11) (2014/3/17, 堺(阪府大)).
  • 北川優・高橋 可昌,・宅間 正則・齋藤 賢一, "マイクロ要素界面端からの剥離き裂発生強度評価", 日本機械学会 関西学生会 平成25年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (3-)18. (講演番号3P21) (2014/3/17, 堺(阪府大)).
  • 鮫島洋平・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌・大良修平, "分子動力学モデルによるパ−ライト鋼のナノ伸線加工シミュレ−ション", "Molecular Dynamics Simulation of Nano-scale Wiredrawing by Using Pearlite Model", 日本機械学会 関西学生会 平成24年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (1-)4. (講演番号1A14) (2013/3/15, 大阪(大阪工大)).
  • 中原大海・齋藤賢一・宅間正則・高橋可昌, "フェ−ズフィ−ルド法による金属材料の固相焼結シミュレ−ション", 日本機械学会 関西学生会 平成24年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (1-)3. (講演番号1A13) (2013/3/15, 大阪(大阪工大)).
  • 山口達也, "分子動力学法による自己組織化量子ドットの構造生成に伴うひずみ緩和に関する研究", 日本機械学会 関西学生会 平成22年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (12-)8. (講演番号1208) (2011/3/18, 京都).
  • 江島貴裕, "硫化銅(Cu2S)の結晶構造及び摺動特性の原子レベル解析", 日本機械学会 関西学生会 平成22年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (12-)7. (講演番号1207) (2011/3/18, 京都).
  • 川瀬達也, "散逸粒子動力学の固体材料への適用", 日本機械学会 関西学生会 平成22年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (12-)4. (講演番号1204) (2011/3/18, 京都).
  • 赤木一太・齋藤賢一・新家昇, "SPH法による回転体挙動シミュレーション", 日本機械学会 関西学生会 平成21年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (1-)9. (講演番号109) (2010/3/15, 神戸).
  • 垣鍔伸幸・齋藤賢一・新家昇, "伸線加工における微視組織変化の分子動力学モデル", 日本機械学会 関西学生会 平成21年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (1-)3. (講演番号103). (2010/3/15, 神戸).
  • 柴田聖也・齋藤賢一・新家昇, "粒子法によるはり構造の塑性変形・破壊シミュレーション", 日本機械学会 関西学生会 平成20年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (1-)3. (講演番号103) (2009/3/15, 大阪).
  • 久保田啓介・齋藤賢一・佐藤知広・新家昇, "分子動力学法によるNi-Ti合金のき裂進展シミュレーション", 日本機械学会 関西学生会 平成18年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2007-3), pp.(1-)4. (講演番号104) (2007/3/15, 大阪).
  • 佐藤圭悟・齋藤賢一・田中雅人・新家昇, "材料界面破壊における結晶方位の影響に関する原子シミュレーション", 日本機械学会 関西学生会 平成18年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2007-3), pp.(1-)8.(講演番号108) (2007/3/15, 大阪).
  • 古川敦史・齋藤賢一・新家昇, "AFMにおける金クラスター構造体の形態発現と力学挙動", 日本機械学会 関西学生会 平成17年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2006-3), pp.(1-)10. (2006.3.16, 京都).
  • 大西佑樹・齋藤賢一・新家昇・福本隼人, "SPH法による柔軟体の変形挙動シミュレーション", 日本機械学会 関西学生会 平成17年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2006-3), pp.(1-)5. (2006.3.16, 京都). [BPA受賞]
  • 細見大介・川口貴之・齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法によるポリエチレン分子構造体の強度評価", 日本機械学会 関西学生会 平成17年度 学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2006-3), pp.(1-)18. (2006.3.16, 京都).
  • 加藤修一・C.V.Suciu・岩壺卓三・齋藤賢一, "分子動力学シミュレーションを用いた疎水性処理材料の創成", 日本機械学会 関西学生会 平成16年度学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2005-3), pp.(1-)12. (2005.3.17, 京都).
  • 永瀬雄一・齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法によるナノ構造体の回転運動特性の評価", 日本機械学会 関西学生会 平成16年度学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2005-3), pp.(1-)16. (2005.3.17, 京都).
  • 福本隼人・館岡優記・齋藤賢一・新家昇, "SPH法による金属基複合材料の弾塑性解析", 日本機械学会 関西学生会 平成16年度学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2005-3), pp.(1-)4. (2005.3.17, 京都).
  • 竹下廣・清水満・齋藤賢一・新家昇・宅間正則, "ナノ構造の破壊センサーを目指したCNTプローブの弾性挙動解析", 日本機械学会 関西学生会 平成16年度学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2005-3), pp.(1-)5. (2005.3.17, 京都). [BPA受賞]
  • 田中雅人・館岡優記・齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法によるAl-SiC複合材料界面の強度解析", 日本機械学会 関西学生会 平成16年度学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2005-3), pp.(1-)9. (2005.3.17, 京都).
  • 伊藤良・佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法を用いたNi-Ti合金における応力誘起相変態の微視的解析" 日本機械学会 関西学生会 平成15年度学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2004-3), pp.(1-)1. (2004.3.16, 大阪).
  • 真家弘喜・齋藤賢一・新家昇・館岡優記, "材料界面における力学応答のSPHシミュレーション" 日本機械学会 関西学生会 平成15年度学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2004-3), pp.(1-)6. (2004.3.16, 大阪).
  • 井上貴博・佐藤知広・齋藤賢一・新家昇, "汎用第一原理計算ソフトによるNi-Ti合金のエネルギー評価" 日本機械学会 関西学生会 平成15年度学生員卒業研究発表講演会 前刷集, (2004-3), pp.(1-)9. (2004.3.16, 大阪).
  • 館岡優紀・田中覚・齋藤賢一・新家昇, "ナノ結晶構造体の破壊形態に関する分子動力学的研究" 日本機械学会 関西学生会 平成14年度学生員卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2003-3), pp.(2-)10. (2003.3.21, 大阪).
  • 辻村徳之・安田典生・齋藤賢一・新家昇, "対話型分子動力学法による金のナノワイヤ引張試験" 日本機械学会 関西学生会 平成14年度学生員卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2003-3), pp.(2-)14. (2003.3.21, 大阪).
  • 村井亮介・齋藤賢一・稲葉武彦, "分子動力学法による氷スラリーの解析" 日本機械学会 関西学生会 平成13年度卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2002-3), pp.(1-)2.
  • 馬場夏樹・稲葉武彦・齋藤賢一, "格子ボルツマン法による流体解析−基礎流れへの適用−", 日本機械学会 関西学生会 平成13年度卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2002-3), pp.(7-)3. [BPA受賞]
  • 井上靖数・稲葉武彦・齋藤賢一, "管内脈動流による軸方向熱拡散を利用した熱交換器の伝熱特性", 日本機械学会 関西学生会 平成13年度卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2002-3), pp.(10-)4.
  • 小金丸裕・稲葉武彦・齋藤賢一, "狭い隙間を通る流れの解析", 日本機械学会 関西学生会 平成13年度卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2002-3), pp.(7-)16.
  • 浅山征吾・齋藤賢一・稲葉武彦, "流体現象の対話型SPHシミュレーション", 日本機械学会 関西学生会 平成13年度卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2001-3), pp.(3-)2.
  • 吉田雅和・稲葉武彦・齋藤賢一, "橋脚周りなどの自由表面を持つ流れのSPHシミュレーション", 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2001-3), pp.(7-)7.
  • 高見 敦・齋藤賢一・稲葉武彦, "SPH法による流体シミュレーション", 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2000-3), pp.(6-)9.
  • 土肥 隆・齋藤賢一・稲葉武彦, "多重解像度分子動力学法への画像対話方式の適用", 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2000-3), pp.(5-)7.
  • 藤井靖章・齋藤賢一・稲葉武彦, "外力を受ける氷構造の分子動力学シミュレーション", 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2000-3), pp.(5-)12.
  • 行天義幸・齋藤賢一・稲葉武彦, "流れ場における分子動力学法の研究", 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (2000-3), pp.(6-)18.
  • 上大田孝・稲葉武彦・齋藤賢一, "基礎的な流れのパーティクルモデリングに関する研究", 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (1999-3), pp.(5-)11.
  • 中山高也・稲葉武彦・齋藤賢一, "多重曲がり管内の流れの解析", 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (1999-3), pp.(5-)17.
  • 難波 永・稲葉武彦・齋藤賢一, "高温環境下におけるシリカの分子動力学解析", 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (1999-3), pp.(7-)22.
  • Tan Soon Keong・稲葉武彦・齋藤賢一, 対話型分子動力学法に関する検討 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (1999-3), pp.(8-)22.
  • 駒谷政男・稲葉武彦・齋藤賢一, "CGを用いたMD結果のプレゼンテーション手法の研究", 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (1998-3), pp.250.
  • 森田恭介・稲葉武彦・齋藤賢一, "非平衡分子動力学法による水分子系のシミュレーション", 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (1998-3), pp.261.
  • 北川 浩・中谷彰宏・齋藤賢一, "粒界と転位の相互作用の分子動力学法シミュレーション", 日本機械学会 関西学生会 卒業研究発表講演会 講演前刷集, (1992-3), pp.17.

研究所報告・紀要・解説など
  • 齋藤賢一(執筆代表者:伸線技術分科会情報委員会), "年間展望:引抜き", (年間展望 特集号), ぷらすとす(Bulletin of the JSTP), Vol.2, No.21, (2019-09), pp.579-583.
  • Yoshihiro Takai, Yuusuke Terai, Ken-ichi Saitoh, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, Tomohiro Sato, "MOLECULAR DYNAMICS SIMULATION OF LI-ION COORDINATION STRUCTURES AND TRANSPORT PROPERTIES IN LIB ELECTROLYTES : INFLUENCE OF MOLECULAR SIZE", Science and Technology Reports of Kansai University, No.61, (2019), pp.1-10.
  • 齋藤賢一(執筆代表者:伸線技術分科会情報委員会), "年間展望:引抜き", (年間展望 特集号), ぷらすとす(Bulletin of the JSTP), Vol.1, No.9, (2018-9), pp.644-648.
  • 齋藤賢一, "棒線材加工におけるシミュレーションの最新動向(小特集号 棒線材加工の最前線ー金属組織制御と機械的特性および周辺技術ー)" ぷらすとす(Bulletin of the JSTP), Vol.1, No.2, (2018-2), pp.121-126.
  • 齋藤賢一(執筆代表者:伸線技術分科会情報委員会), "年間展望:引抜き", (年間展望 特集号), 塑性と加工, Vol.58, No.680, (2017-09), pp.797-801. (2017年9月).
  • 齋藤賢一(執筆代表者:伸線技術分科会情報委員会), "年間展望:引抜き", (年間展望 特集号), 塑性と加工, Vol.57, No.667, (2016-08), pp.774-778. (2016年8月).
  • Haruka Koga, Ken-ichi Saitoh, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi, Tomohiro Sato, "Mechanical Properties of alpha-Fe Crystals Including Hydrogen: Nano-scale Analysis Using MonteCarlo and Molecular Dynamics Methods", Science and Technology Reports of Kansai University, No.58, (2016), pp.15-23.
  • 齋藤賢一(執筆代表者:伸線技術分科会情報委員会), "年間展望:引抜き", (年間展望 特集号), 塑性と加工, Vol.56, No.655, (2015-08), pp.675-679. (2015年8月).
  • 齋藤賢一(執筆代表者:伸線技術分科会情報委員会), "年間展望:引抜き", (年間展望 特集号), 塑性と加工, Vol.55, No.643, (2014-08), pp.748-752. (2014年8月).
  • 齋藤賢一(執筆代表者:伸線技術分科会情報委員会), "年間展望:引抜き", (年間展望 特集号), 塑性と加工, Vol.54, No.631, (2013-08), pp.729-733. (2013年8月).
  • Tatsuya Kawase, Ken-ichi Saitoh, "Molecular Dynamics Study on Nano-Crystalline Diamond Atomic-Scale Characterization of Grain Boundary Structure", Science and Technology Reports of Kansai University (関西大学理工学研究報告), No.55, (2013), pp.9-18.
  • 齋藤賢一(執筆代表者:伸線技術分科会情報委員会), "年間展望:引抜き", (年間展望 特集号), 塑性と加工, Vol.53, No.619, (2012-08), pp.738-742. (2012年8月).
  • Takahiro Ejima, Ken-ichi Saitoh, Noboru Shinke, Takuma Masanori, Tomohiro Sato and Yoshimasa Hirai, "Atomic-level analysis of copper sulfide (Cu2S): Crystalline structure and sliding characteristics", Science and Technology Reports of Kansai University (関西大学理工学研究報告), No.54, (2012), pp.23-33.
  • Seiji Aoyagi, Masato Suzuki, Tomokazu Takahashi, Tsutomu Tajikawa, Ken-ichi Saitoh, Shoso Shingubara, Yasuhiko Arai, Hiroyuki Tajiri, Yasuhiro Yoshikawa, "Micro-accelerometer and magnetoresistive (MR) sensor directly fabricated on a ceramic substrate", Science and Technology Reports of Kansai University (関西大学理工学研究報告), No.54, (2012), pp.7-22.
  • 齋藤賢一(執筆代表者:伸線技術分科会情報委員会), "年間展望:引抜き", (年間展望 特集号), 塑性と加工, Vol.52, No.607, (2011), pp.916-920. (2011年8月).
  • 齋藤賢一(執筆代表者:伸線技術分科会情報委員会), "年間展望:引抜き", (年間展望 特集号), 塑性と加工, Vol.51, No.595, (2010), pp.801-805. (2010年8月)
  • Shoso Shingubara, Suguru Yamanishi, Yuichi Shiotani, Seiji Aoyagi, Norio Tagawa, Sumio Nakahara, Ken-ichi Saitoh, Susumu Tamura, and Tomomi Yamaguchi, "Enormous Resistance Switching Phenomena Observed in Nickel-aluminum-oxide Nanocomosite", Science and Technology Reports of Kansai University (関西大学理工学研究報告), No.52, (2010), pp.1-9.
  • Shoso Shingubara, Takafumi Yamashita, Hironori Mori, Satoru Maruo, Seiji Aoyagi, Yasuhiko Arai, Sumio Nakahara, Tomomi Yamaguchi and Ken-ichi Saitoh, Fabrication of Ultra High Density Magnetic Recording Media Using Self-Organized Porous Alumina Nanohole Array", Science and Technology Reports of Kansai University (関西大学理工学研究報告), No.51, (2009), pp.1-7.
  • Takanobu Matsuki and Ken-ichi Saitoh, "Phase-Field Simulation of Martensitic Transformation in Ni-Ti Shape Memory Alloys", Science and Technology Reports of Kansai University (関西大学理工学研究報告), No.52, (2010), pp.11-19.
  • 齋藤賢一(執筆代表者:伸線技術分科会情報委員会), "年間展望:引抜き", (年間展望 特集号), 塑性と加工, Vol.50, No.583, (2009), pp.769-773. (2009年8月)
  • 齋藤賢一, "ノースウェスタン大学滞在記(米国シカゴ、エバンストンの様子)", 関西大学 理工学会 会誌, No.120, (2008), pp.3-10.
  • 齋藤賢一・佐藤知広・新家昇, "形状記憶材料のミクロ挙動の理解と開発動向−コンピュ−タ・シミュレ−ションによる先端的研究−", 関西大学工学会誌(工学と技術), Vol.13, No.3, (2005), pp.43-48.
  • 齋藤賢一・新家昇, "分子動力学法を用いた材料強度・機能のミクロ評価", 技苑(関西大学先端科学技術推進機構, Innovative Technology World), No.116, (2003), pp.3-8.
  • 齋藤賢一, "MD分野でのMicroAVS利用事例", Viz Journal, Vol.6, (2003), ケイ・ジー・ティー. (オンラインジャーナル) (2003.5.16) )
  • 齋藤賢一, "私達的SX5の使い方", 大阪大学サイバーメディアセンター年報---2001年度, No.2, (2002), 95-97. [http://www.cmc.osaka-u.ac.jp/publication/annual-report2001/95-97.html]
  • 齋藤賢一・土肥隆・駒谷政男・稲葉武彦, "スーパーコンピューターを用いるナノクラスター合体過程の インタラクティブモレキュラーダイナミクス", 大阪大学サイバーメディアセンター年報---2000年度, No.1, (2001), 57-60. [http://www.cmc.osaka-u.ac.jp/publication/annual-report2000/57-60.html]
  • 齋藤賢一・稲葉武彦・Tan Soon Keong, "スーパーコンピューターSX4を用いる画像対話型動力学計算の試み", 大阪大学大型計算機センターニュース, 29巻,1号, (1999-5), pp.138-146. [http://hdl.handle.net/11094/66340] [https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/66340/oksn_112_138.pdf]
  • 齋藤賢一, "スーパーコンピューターSX4の3次元グラフィックス機能の利用と展望", 大阪大学大型計算機センターニュース, 28巻, 1号, (1998-5), pp.61-71. [http://hdl.handle.net/11094/66269] [https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/66269/oksn_108_061.pdf]

その他の講演会・研究会 発表論文
  • 齋藤賢一, "ミクロ−マクロ粒子法シミュレーションによる材料の強度・機能の評価", 第221回材料力学談話会(「大学における材料力学」), 材談06-9, (2006.7.13, 大阪). 発表予定.
  • 齋藤賢一, "材料工学におけるミクロレベルシミュレーションの発展", 日本機械学会関西学生会定例会講演, (2006.2.11, 関西大学, 大阪).
  • 齋藤賢一, "MD分野でのMicroAVSによる可視化", MicroAVSを教育に利用するセミナー(株式会社ケイ・ジー・ティー), (2003.11.14, 株式会社ケイ・ジー・ティー, 東京).
  • 齋藤賢一, "分子動力学における可視化と対話型シミュレーション", 第14回金沢コンピュータグラフィックス談話会 (KAC2), (2003.3.14, 金沢大学).
  • 齋藤賢一, "微小金属原子クラスターの合体過程の分子動力学解析", 粉体工学会 液相核生成グループ会 にて講演, (2000.9.8, 大阪府立大).
  • 齋藤賢一, "多重解像度を持つ対話型分子動力学法に関する研究", 日本材料学会分子動力学部門委員会 第49期第1回委員会 ビジュアリゼーション大会 資料. (2000.5.17, 北海道大学).
  • 齋藤賢一・土肥隆・駒谷政男・稲葉武彦, "ナノクラスター合体過程のインタラクティブモレキュラーダイナミクス" 第6回Computer Visualization Contest, (2000.4), 資料 および静止画出力 (ともに未掲載).
  • 齋藤賢一, "界面の原子構造変化のMDシミュレーション---可視化方法の検討---", AVS九州ユーザー会第1回発表会資料, (1998.7.3, 九州大学国際会館).
  • 駒谷政男・齋藤賢一, "応力テンソルの可視化への試み", 第4回Computer Visualization Contest, (1998.7), 資料およびビデオ. (未掲載).
  • 齋藤賢一・中谷敬子・窪田章宏, "金属の変形におけるマイクロダイナミクス(原子が見せるその正体)", 第1回Computer Visualization Contest, (1995.7), 資料およびビデオ. (未掲載).
  • 北川浩・齋藤賢一, "粒界構造と格子欠陥の相互作用", 日本機械学会計算力学部門 P-SC211材料強度評価のための分子動力学法に関する調査研究分科会資料 MDS-10, (1993.7.6, 大阪大学工業会館).
  • 北川浩・齋藤賢一, "結晶粒界と転位の相互干渉の分子動力学シミュレーション", 第109回GCM研究会資料, (1992.12.6, 立命館大学).

その他の講演会・研究会 発表論文(連名のもの)
  • 稲葉武彦・満田綾子・齋藤賢一, "科学データの可視化に関する一考察---半透明表示の効用---", 日本図学会 1998年度本部例会講演会資料, (1998), pp.1-4.

その他(講習会テキスト・書評など)
  • 齋藤賢一, "各種物理量の導出", 日本材料学会分子動力学(MD)講座 講習会テキスト, (2004), pp.(1-3-)1-18.
  • 齋藤賢一, "可視化技法", 日本材料学会分子動力学(MD)講座 講習会テキスト, (2004), pp.(3-2A-)1-16.
  • 齋藤賢一, "各種物理量の導出", 日本材料学会分子動力学冬季講座 講習会テキスト, (2002), pp.(1-3-)1-18.
  • 齋藤賢一, "可視化技法", 日本材料学会分子動力学冬季講座 講習会テキスト, (2002), pp.(3-2A-)1-35.
  • 齋藤賢一, "可視化技法", 日本材料学会分子動力学夏季講座 講習会テキスト, (2001), pp.(3-1-)1-35.
  • 齋藤賢一, "計算力学IV---電子デバイス/機器設計における計算力学の適用---", 材料,49巻,3号, (2000), pp.290.
  • 齋藤賢一, "数値的力学シミュレーションの将来像", The News of Engineering, Osaka University(大阪大学工学部), Vol.14, (2001), pp.1.

研究代表者として援助を受けた(ている)研究費
  • 平成10年度 文部省 科学研究費補助金, 奨励研究(A), 課題番号: 10750127, "界面における力学的非平衡現象の分子動力学法による解明".
  • 平成11年度 文部省 科学研究費補助金, 奨励研究(A), 課題番号: 10750127, 同上.
  • 平成12年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 奨励研究(A), 課題番号: 12750141, "界面に生じる流体現象の非平衡分子動力学−連続体力学結合モデルによる解明".
  • 平成13年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 奨励研究(A), 課題番号: 12750141, 同上.
  • 平成14年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 若手研究(B), 課題番号: 14750063, "原子クラスター構造体の形態・強度・機能の計算機援用評価".
  • 平成15年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 若手研究(B), 課題番号: 14750063, 同上.
  • 平成16年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 若手研究(B), 課題番号: 14750063, 同上.
  • 平成21年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 基盤研究C(一般), 課題番号: 21560103, "ユニバーサルな粒子法の開発と固体力学問題への適用".
  • 平成22年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 基盤研究C(一般), 課題番号: 21560103, 同上.
  • 平成23年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 基盤研究C(一般), 課題番号: 21560103, 同上.
  • 平成28年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 基盤研究C(一般), 課題番号: 16K05994, "材料科学とミクロ計算力学によるナノ伸線加工技術の開発".
  • 平成29年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 基盤研究C(一般), 課題番号: 16K05994, 同上.
  • 平成30年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 基盤研究C(一般), 課題番号: 16K05994, 同上.

学会他における活動
  • 日本材料学会 正会員(H9-),
  • 日本材料学会 分子動力学部門委員会委員 (第46期:H9-),
  • 日本材料学会 編集委員 第48期(H11)-第49期(H13),第51期(H15)-
  • 日本材料学会 編集幹事 第55期(H18)-
  • 日本材料学会 編集副幹事 第52期(H15)-第54期(H17)
  • 日本材料学会 査読委員 第48期(H11)-
  • 日本材料学会 企画事業委員 第50期(H13)- 分子動力学部門 総括幹事 第50期(H13)-第55期, 部門委員長 第60期(H23-H25) 代議員(H25-H27)
  • 日本機械学会 会員 H4-
  • 日本機械学会 計算力学部門(H9-),部門運営委員(H23-H25)
  • 日本機械学会 材料力学部門(H9-),部門運営委員(H26-H27),学会・部門賞表彰委員会副委員長(H26)・委員長(H27),
  • 日本機械学会 機械材料・材料加工部門(H14-),流体工学部門(H9-H13), 情報・知能・精密機器部門(H20-)
  • 日本機械学会 関西支部幹事 広報担当幹事(H27)・広報幹事長(H28),商議員(H27-H28)
  • 日本機械学会 関西学生会 関西大学学生会担当顧問(H17-H18)
  • 日本塑性加工学会 正会員 2004-
  • 日本塑性加工学会 企画委員(H24-H26)
  • 日本塑性加工学会 関西支部 商議員・支部役員(H26-),幹事(H31-)
  • 日本塑性加工学会 伸線技術分科会 運営委員(2004-),情報委員(2004-),情報委員長(2006-2007,2008-)) 幹事(2006-)
  • 日本塑性加工学会 新塑性加工技術シリ−ズ出版部会 「引抜き」部会長(H26-H28)
  • 日本計算工学会 正会員 H13-
  • 米国機械学会 会員 2002-
  • 日本金属学会 正会員 2003-
  • 日本鉄鋼協会 正会員 2019-
  • CCP5(Collaborative Computational Project No.5, U.K.)
  • 可視化情報学会 正会員 H9-H20退会
  • ナノ学会 正会員 2003-2015退会
  • MRS-J 正会員 2003-2013退会
  • 材料力学談話会 会員 2004-2010(解散)

外部との共同研究(企業など)
  • (共同研究), 匿名企業様 (塑性加工関係), 2019/4-
  • (共同研究), 匿名企業様 (包装製造関係), 2017/7-2019/3, 2019/10-.
  • シミュレーションによる電解液の物性予測技術及び反応メカニズム解析に関する研究 (共同研究), ダイキン工業株式会社 様, 2015/10-2019/3.
  • 高機能固体潤滑材を適用した鉛フリー摺動部材の開発に関する研究 (共同研究), 株式会社栗本鐵工所 様, 2011/9-2014/3.
  • 伸線加工MDモデルを用いた変形挙動の解析 (依託研究), 日本製鉄(旧社名・新日鉄住金(旧々社名・新日本製鉄))株式会社 様, 2010/4-.
  • 複雑形状を有するポリアセタール成形材料の応力・ひずみ解析 (試験・分析), 株式会社ダスキン 様, 2003/10-2004/2.

受賞
  • 1st, The best poster: Winner of Best Poster Contest of conference COMAT 2018 (2018/11/14受賞)
  • 社団法人日本材料学会 平成15年度学術奨励賞(2003年度) (2004/5/15受賞)
  • 社団法人日本材料学会 優秀講演発表賞(2003年度) (2003/5/26受賞)

saitou@kansai-u.ac.jp